コミックナタリー - マンガ・アニメの最新ニュースを毎日配信

「メガロボクス」細谷&安元が魅力を熱弁「続きが気になるカッコいい男の物語」

561

左から森山洋監督、細谷佳正、安元洋貴。

左から森山洋監督、細谷佳正、安元洋貴。

高森朝雄(梶原一騎)原作、ちばてつや「あしたのジョー」を原案としたオリジナルアニメ「メガロボクス」のプレミアム試写会が、去る3月28日に東京・スペースFS汐留にて開催され、ジャンクドッグ役の細谷佳正、勇利役の安元洋貴、監督とコンセプトデザインを務める森山洋が登壇した。

「あしたのジョー」の連載開始から50周年を記念して制作される同作は、肉体とギア・テクノロジーを融合させた格闘技・メガロボクスにすべてを懸ける男たちを描いた作品。物語は勝つことの許されぬ八百長試合に苛立ちを抱える主人公・ジャンクドッグが、メガロボクスの絶対王者・勇利と運命的な出会いを果たすところから動き出す。

イベントではテレビ放送に先駆け、第1・2話を上映。その後キャスト陣と監督が登壇し、細谷は本編について「映像が素晴らしいと思います。第1話で、雨の日にジャンクドッグがゆき子と勇利に会うシーンで、背景の作画が素晴らしかったです」と感想を述べる。司会を務めた鷲崎健にも本作の面白さを語っていたという安元は、「第1話を観て安心しました。音と映像が付くとこんなふうになるんだと感動しました」と改めて完成した映像を観た際の思いを語った。森山監督も「第1・2話は物語の導入で、作品全体を紹介しています。これから物語が進むにつれ、ジャンクドッグや勇利など、キャラクターもどんどん変化していきます。このまま走り続ける物語に期待してほしいです」と期待を煽った。

また細谷は自身が演じるジャンクドッグについて、「自分の境遇もあり、本気で闘うことを許されていない。それに対して苛立ちを感じている男です。勇利と出会うことで、自分が本当にやりたいことを見つけて成長していきます」と解説。安元は「勇利はチャンピオンなので、人を圧倒するような立場で演じました。勇利が身に着けるギアを意識して“鉄”をイメージし、ソリッド(硬質的)な雰囲気を出して演じました。演じていてとにかく楽しかったです」と意識していたことを明かした。

第1・2話の中で好きなシーンを問われると、細谷は第1話の冒頭を挙げ、「(バイクに乗ったジャンクドッグが)『立入禁止』と書かれた看板を超えるシーンがあり、南部贋作の手を離れて歩いていくジャンクドッグの姿を予兆しているような気がしました」と述懐。そのあとも止まらない様子でお気に入りのシーンを挙げていき、細谷も安元も、同作が好き過ぎて本編を繰り返し視聴していると語った。さらに安元は「本作は『あしたのジョー』のリメイクではなく、『ジョー』を愛している人たちが作った作品です。ジャンクドッグを始めとするキャラクターの変化が描かれていくので、彼らの行く末をぜひ観てほしいです」と今後の見どころをアピールした。

最後に会場に集った観客にそれぞれから「SNSに書いてほしいひと言メッセージ」が贈られる。安元は「台本を貰って読んだときに毎回思ったのですが“続きが気になって仕方がない作品”です。ぜひご覧になってください」、細谷は「“こんなにカッコいい男たちは見たことがない”です。最後にはワクワクする作品ですので、ぜひ楽しんでください」と観客へ語りかけた。

アニメ「メガロボクス」は4月5日深夜にTBSにて放送スタート。BS-TBS、MRO北陸放送、itv あいテレビでも順次放送が開始される。

アニメ「メガロボクス」

放送情報

TBS:2018年4月5日(木)より毎週木曜25:28~
BS-TBS:2018年4月14日(土)より毎週土曜25:00~
MRO北陸放送:2018年4月17日(火)より火曜25:30~
itv あいテレビ:2018年4月19日(木)より木曜25:36~
※BS-TBSの初回放送のみ第1話23:00~、第2話25:00~

スタッフ

原案:「あしたのジョー」(原作:高森朝雄、ちばてつや/講談社刊)
監督・コンセプトデザイン:森山洋
シリーズ構成・脚本:真辺克彦、小嶋健作
音楽:mabanua
アニメーション制作:トムス・エンタテインメント
製作:メガロボクスプロジェクト

キャスト

ジャンクドッグ:細谷佳正
南部贋作:斎藤志郎
勇利:安元洋貴
白都ゆき子:森なな子
サチオ:村瀬迪与
藤巻:木下浩之
ほか

(c)高森朝雄・ちばてつや/講談社/メガロボクスプロジェクト

コミックナタリーをフォロー