コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

西尾維新×大暮維人「化物語」コミカライズが週マガで始動、真島ヒロの寄稿も

2159

「化物語」より。

「化物語」より。

西尾維新原作による大暮維人「化物語」が、本日3月14日発売の週刊少年マガジン15号(講談社)にて連載スタートした。

「化物語」は西尾の小説〈物語〉シリーズの第1作目にあたり、とある田舎町の男子高校生・阿良々木暦と、彼に出会った少女たちを描く怪異物語。初回となる今号は「化物語」が表紙と巻頭カラーを飾り、一挙74ページが収録された。また本編の後には「化物画廊」と題した寄稿ページも用意され、毎号さまざまな作家による「化物語」のイラストを掲載。今号では真島ヒロによる戦場ヶ原ひたぎのイラストが披露されている。

なお〈物語〉シリーズのファイナルシーズン「続・終物語」は、今年アニメ化されることが決定している。

コミックナタリーをフォロー