西尾維新「化物語」のコミカライズをするのは誰だ?マンガ家当てキャンペーン

888

西尾維新「化物語」のコミカライズ版のイラストが公開された。

特設ページより。

特設ページより。

大きなサイズで見る(全5件)

3月14日発売の週刊少年マガジン15号(講談社)より連載開始される、コミカライズ版「化物語」。公開されたのは阿良々木暦、戦場ヶ原ひたぎ、羽川翼を描いたイラストで、このイラストから、コミカライズ版を執筆するマンガ家を当てるTwitterキャンペーンも行われている。期間は本日2月14日から2月28日まで。当選者には複製原画がプレゼントされる。詳しい参加方法は特設ページ、または週刊少年マガジンの公式Twitterにて確認を。

「化物語」は西尾の小説〈物語〉シリーズの第1作目にあたり、とある田舎町の男子高校生・阿良々木暦と、彼に出会った少女たちを描く怪異物語。2006年に「化物語」が発売されて以降、「傷物語」「偽物語」「猫物語」などのシリーズが刊行されたほか、テレビアニメ、ドラマCD、ゲーム、劇場アニメなどさまざまな形でメディア展開されてきた。なお〈物語〉シリーズのファイナルシーズン「続・終物語」のアニメ化も決定している。

この記事の画像(全5件)

関連記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。