荒木飛呂彦がkotobaの「ブレードランナー」特集でDIO描く際に受けた影響語る

2882

3月6日に発売されるkotoba2018年春号(集英社)では「ブレードランナー 2019-2049」と題した特集が組まれており、荒木飛呂彦へのインタビューが掲載されている。

kotoba2018年春号より、荒木飛呂彦インタビューの試し読み。

kotoba2018年春号より、荒木飛呂彦インタビューの試し読み。

大きなサイズで見る(全2件)

kotoba2018年春号より、渡辺信一郎インタビューの試し読み。

kotoba2018年春号より、渡辺信一郎インタビューの試し読み。[拡大]

哲学者、映画監督、作家、科学者らが、それぞれの視点で読み解いた映画「ブレードランナー」について語る同特集。荒木は「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズのDIOを生み出す際に、「ブレードランナー」に登場するルトガー・ハウアー演じるレプリカントのロイ・バッティから影響を受けたことなどを語った。なお特集には渡辺信一郎樋口真嗣も登場している。

この記事の画像(全2件)

荒木飛呂彦のほかの記事

リンク

関連商品