コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「マジンガーZ」“Z”叫上映会、観客の「マジーンゴー!!」に森久保祥太郎も満足

265

左から兜シロー役の花江夏樹、弓さやか役の茅野愛衣、兜甲児役の森久保祥太郎、リサ役の上坂すみれ。

左から兜シロー役の花江夏樹、弓さやか役の茅野愛衣、兜甲児役の森久保祥太郎、リサ役の上坂すみれ。

永井豪原作による「劇場版 マジンガーZ / INFINITY」の応援上映イベント「『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』キャスト舞台挨拶付き大“Z”叫応援上映会」が、本日1月20日に東京・新宿バルト9にて開催された。

「劇場版 マジンガーZ / INFINITY」はうめの小沢高広が脚本を手がけ、テレビシリーズの最終回から10年後の世界を舞台に、再び人類の未来を託されることになったマジンガーZの激闘を描く物語。上映前の舞台挨拶には、兜甲児役の森久保祥太郎、弓さやか役の茅野愛衣、リサ役の上坂すみれ、兜シロー役の花江夏樹が登壇し、応援上映の説明とトークが行われた。“光子力ライト”(ペンライト)を手にした観客からの歓声を受けて登場したキャスト陣。森久保は「皆さん仕上がってますね。兜甲児を演じている森久保祥太郎だZ!」と自己紹介をすると「『マジンガーZ』の“Z”叫上映会と聞いて少し心配していたんですけど、何の心配もいらないね、これ」と楽しげに語る。また上坂も「皆さん(ペンライトを)振り慣れてる感じしますよね」と観客の様子を伺う。

発声のタイミングやキャラクターカラーの紹介など応援上映の説明が行われた後は、キャスト陣からの「“Z”叫ポイント」が語られる。茅野は「映画の後半で、さやかさんがマスコミに囲まれて叩かれるシーンがあるんですけど。皆さんには『さやかさん悪くないよ!』って応援してほしい(笑)」と提案。さらに「さやかコールもいいですね」と続けると、会場からは息の合った「さやかコール」が巻き起こった。続く上坂は、アンドロイドのリサが初めてラーメンを食べるシーンを挙げ「すごく美味しそうに食べるので、リサに『ラーメン美味しい?』って聞いて欲しい(笑)」と独特の声援方法を提案。「ライブの時に『お水美味しい?』って聞く要領で。ひたすらレスを欲しがるみたいな」と続け、観客を笑わせる。それを聞いていた森久保は「ラーメンを食べる場面は、甲児にとってはちょっとつらいシーンなので『どんまい!』って言って盛り上げてもらえれば」と述べ、さらに会場を沸かせた。

また花江が「僕は『三番隊、気合い入れていくぞっ!』っていうシーンで『おうっ!』と応えてほしい」とシローの応援シーンを挙げると、実際に映像で練習をすることに。会場に集まった400人の観客による「おうっ!」の掛け声に、森久保は「三番隊だけ人数多い!」とツッコミを入れる。また応援してほしいシーンとして、花江は「シローがインフィニティを観たときに『すげー!でけえ!』って騒ぐシーンがあるんですけど、いっぱいアドリブで言ったのに全部カットされて(笑)。皆さんにはシローの代わりにリアクションをとってほしいな」と述べた。

さらに、甲児がマジンガーZに乗るシーンの掛け声「マジーンゴー!!」の予行演習をすることに。森久保は「言い方にコツがあって。旧作の『マジンガーZ』にミキサーで入ってた方から『石丸(博也)さんはあんまり力んでなかったよ』って教えてもらったんです。軽く抜く感じで言うのがコツらしい」と語り、「マジーンゴー!!」の言い方を伝授。「ちょっと脱力して。頭のてっぺんから声を出してください(笑)」という森久保のアドバイスを元に、観客全員で「マジーンゴー!!」を実践。その完璧な掛け声に、森久保も満足の様子だった。

最後の挨拶で、茅野は「練習してたら、私も最後まで皆さんと応援したいし絶叫したくなりました。さやかさんは応援しがいがあると思いますので、ぜひ今日は『さやかさんは悪くないよ!』と『さやかコール』よろしくお願いします」とアピール。また森久保は「甲児とさやかの煮え切らない場面では『ヒューヒュー』と焚き付けてやってください。そして映画の後半は必殺技のデパートで大変だと思いますので、覚悟して挑んでください(笑)」と話し、舞台挨拶は幕を閉じた。

上映が始まると、キャラクターが登場するたびに観客からは大きな声援が上がる。さらに水木一郎が歌うオープニングテーマ「マジンガーZ / INFINITY バージョン」が流れると、赤いペンライトで統一された観客の息の合った合唱が始まった。またキャスト陣からのリクエストどおり、リサがラーメンを食べるシーンでは「ラーメン美味しい?」、シローの出撃シーンでは「三番隊、気合い入れていくぞっ!」のセリフに「おうっ!」、またさやかがマスコミに囲まれ非難を受けるシーンでは「さやかコール」が巻き起こる。そして甲児のさやかのシーンではしっかりと『ヒューヒュー』と煽り、観客たちの練習の成果が発揮された。

さらに甲児がマジンガーZに乗るシーンの掛け声「マジーンゴー!!」では会場が一体感に包まれる。また映画のクライマックスとなる甲児たちとDr.ヘルとの白熱のバトルでは、立て続けに繰り広げられる必殺技の応酬に観客の応援もヒートアップ。迫力の映像と怒涛の展開に、観客たちの興奮冷めやらぬままに上映は終了した。映画「劇場版 マジンガーZ / INFINITY」は全国公開中。なお1月27日からは第2弾入場者プレゼントも配布される。

※記事初出時、本文に誤りがありました。お詫びして訂正いたします。

劇場版 マジンガーZ / INFINITY

スタッフ

原作:永井豪
監督:志水淳児
脚本:小沢高広(うめ
メカニックデザイン:柳瀬敬之
キャラクターデザイン:飯島弘也
美術監督:氏家誠(GREEN)
CGディレクター:中沢大樹、井野元英二(オレンジ)
助監督:なかの★陽、川崎弘二
音楽:渡辺俊幸
オープニングテーマ:「マジンガーZ」水木一郎
制作:東映アニメーション
配給:東映

キャスト

兜甲児:森久保祥太郎
弓さやか:茅野愛衣
リサ:上坂すみれ
剣鉄也:関俊彦
炎ジュン:小清水亜美
兜シロー:花江夏樹
ボス:高木渉
ムチャ:山口勝平
ヌケ:菊池正美 
弓首相:森田順平
のっそり博士:島田敏
せわし博士:塩屋浩三
Dr.ヘル:石塚運昇
あしゅら男爵:宮迫博之(男)、朴ろ美(女)
ブロッケン伯爵:藤原啓治
剣鉄也:関俊彦
炎ジュン:小清水亜美
マジンガールズ:田所あずさ、伊藤美来(グリーン)、ゆいP(ピンク)、オカリナ(ブルー)
統合軍司令:石丸博也

(c)永井豪/ダイナミック企画・MZ製作委員会

コミックナタリーをフォロー