少年と少女の妖かし奇譚「柘榴ノ地獄」1巻、加筆修正や描き下ろしマンガも

75

雲雀ヶ丘柿屋敷が裏サンデーとマンガワン(小学館)にて連載中の「柘榴ノ地獄」1巻が、本日1月12日に刊行された。

「柘榴ノ地獄」1巻

「柘榴ノ地獄」1巻

大きなサイズで見る

怪力だけが取り柄の少年・蟻助は、不思議な光で人々の病を治す少女・ゆゆ子にほのかな恋心を抱いていた。しかし日に日に衰えていくゆゆ子は奇病にかかり、2人を数奇な運命へと導いていく。妖かしが蔓延る、いつかどこかの日本に似た国を舞台とした物語だ。単行本では連載時から約80ページにわたる加筆修正が行われ、紅雲太夫とコピの在りし日を描いた描き下ろし短編も収められた。

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。