コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

ドラマ「賭ケグルイ」浜辺美波がアピール「観たら寝つきも目覚めもよくなる」

192

テレビドラマ「賭ケグルイ」の第1話先行上映会の様子。左から高杉真宙、浜辺美波、森川葵。

テレビドラマ「賭ケグルイ」の第1話先行上映会の様子。左から高杉真宙、浜辺美波、森川葵。

河本ほむら・尚村透原作によるテレビドラマ「賭ケグルイ」の第1話上映会が、本日1月8日に都内にて開催された。

舞台挨拶には蛇喰夢子役の浜辺美波、鈴井涼太役の高杉真宙、早乙女芽亜里役の森川葵が登壇。美少女ながらギャンブル狂という役どころを演じる浜辺は、オファーを受けたときのことを「原作を読ませていただいたことがあって、どんなお話で、この(蛇喰夢子)役がどんなキャラクターか知っていたので、私にオファーしていただいたことが驚きでした。それと同時に、ギャップのある女の子を演じるのがとても楽しみになりました」と述懐する。また劇中でインパクトある表情の数々を見せた浜辺は、「現場ではモニター前に行かないようにしていた」とコメント。その理由について「自分が思っていた以上にひどい顔をしているのを見ちゃうと、その先の撮影で表情を押さえ込んじゃって精一杯できないなあと思ったので」と語った。

ヘタレで勝負に弱く、学園内で最下層とされる家畜“ポチ”に身をやつす鈴井役を務める高杉。「ずっと叫んでオドオドしていて、これまでの自分では(演じたことの)なかった役でした。静かな役や暗い役が多かったので、表に発するっていうのは大変なんだなあと思いながら演じてました」と振り返る。また役作りについて、ある俳優を参考にしたというエピソードも。「一番最初に監督から『香川照之さんと藤原竜也さんどっちがいい?』って、演技していく上での意識を聞かれて(笑)。ほかの方が香川さんのほうをやりたいっておっしゃったので、僕は藤原さんを目指していきますと伝えました」と明かした。

芽亜里を演じて、撮影中は普段も自然と女王様キャラになっていたかもしれないと言う森川。司会からカードやチップの使い方が巧みだと言及されると、「ギャンブル指導の先生からいろんな技を教えてもらって練習したんです。シーンには直接関係しないんですけど、使いこなれてる感が出るかなあと思って。ずうっとチップを手で触り続けていたら、割と1日、2日くらいでできるようになってきました」と返す。習得の早さに周りが驚くと、「楽しくって! ハンドスピナー感覚で自然と続けちゃう感じでした」と笑顔で答えた。

ここで本作のオープニングテーマが、「アイカツ!」の楽曲を歌唱していた巴山萌菜によるユニット・Re:versedの「一か八か」に決定したと発表。オープニング内ではキャストが各話ごとに、同曲に合わせてリップシンクをする映像が流れるという。「一か八か」が会場に流れた後、登壇者たちは順に今まで体験した“一か八か”のエピソードを話していくことに。浜辺は「新しい美容室に行って初めての美容師さんに髪を切ってもらうことが一か八かの賭けだなあと思います。美容師さんと話すのが苦手なので、コミュニケーション不足のせいで前髪をえぐられたり、薄くされすぎたりすることがよくあって……(笑)」と語る。美容室選びで重視するポイントについて「腕とかコミュケーション力の高さよりも、場所の近さとか、髪を切るときにいかに美容師さんがしゃべらないか」と述べると、隣で高杉が大きく頷く。「わかります。洋服屋さん入るのにも汗をかきますもんね。とりあえず(話しかけられないように)イヤホンをして入ります」と同調した。

最後に浜辺から視聴者に向けてコメントが。「ドラマ『賭ケグルイ』のギャンブルで繰り広げられる心理戦はどんでん返しの繰り返しで、とても見応えのあるドラマになっていると思います。スカッとするシーンがたくさん出てくるので、夜寝る前に見るとよく眠れるし、シャキっとした朝を迎えられるかなと思います」と呼びかけ、イベントは幕を閉じた。

ギャンブルでの階級制度が存在する名門・私立百花王学園を舞台に、壮絶な駆け引きと騙し合いを描く「賭ケグルイ」はガンガンJOKER(スクウェア・エニックス)にて連載中。ドラマはMBSでは1月14日より、TBSでは1月16日よりオンエアされる。

ドラマ「賭ケグルイ」

MBS:2018年1月14日(日)より毎週日曜24:50~ ※初回は25:15~
TBS:2018年1月16日(火)より毎週火曜25:28~ ※初回は25:43~

(c)Homura Kawamoto・Toru Naomura/SQUARE ENIX (c)河本ほむら・尚村透/SQUARE ENIX・ドラマ「賭ケグルイ」製作委員会・MBS

コミックナタリーをフォロー