コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「伊藤潤二『コレクション』」先行上映会、三ツ矢雄二が双一役に四苦八苦

286

イベントの様子。左から伊藤潤二、三ツ矢雄二。

イベントの様子。左から伊藤潤二、三ツ矢雄二。

伊藤潤二原作によるテレビアニメ「伊藤潤二『コレクション』」の先行上映会が、本日12月23日に東京・朝日新聞東京本社の読者ホールにて開催された。

イベントではアニメ第1話をいち早く上映。その日どんなエピソードを放送するのか、オンエアの瞬間まで伏せている本作だが、ここで第1話の放送エピソードが「双一の勝手な呪い」と「地獄の人形葬」であることが明らかとなった。

上映終了後には伊藤と、アニメで双一役を演じる三ツ矢雄二が登壇し、興奮冷めやらぬ観客を前にトークを展開。司会は新宅マキが務めた。伊藤は第1話の感想を聞かれ、「率直に面白かったです。色使いもシブくて、すごく雰囲気がありますよね」とコメント。最初にアニメ化の話を聞いたのは約2年前のことだそうで、当時の心境を「(その時は)実現しないだろうと思っていました。オムニバスで主役が毎回違うのは大変でしょうし、私はマイナーな作家ですので」と、自虐を交えつつ振り返る。そのうえで、このたびのアニメ化を「本当に夢のようです。クオリティも本当に高い」と絶賛した。

三ツ矢はオファーが来たときのことを「小学生役と言われたから、『またトンガリか』と思った」と話し、会場の笑いを誘う。自身の演じる双一については、「ホラーな存在だけど、可愛い一面もある。それをどう表現したらいいか悩んで、どうやろうかと家で色んな声を出して。本当に何回も練習しました」と役作りに苦労があったことを明かした。第1話のアフレコ現場には伊藤も駆けつけていたそうで、三ツ矢は「声優にとって、原作者の方がいらっしゃるのはものすごいプレッシャーなんです。スタジオでは最年長だったので、みんなを引っ張っていかなくちゃいけなかったんですけど、久しぶりに緊張しました」と回顧。しかし伊藤は、三ツ矢からそんな素振りをまったく感じなかったらしく、「さすが大ベテランだ、と思っていました」と話した。

伊藤は双一を「自分の子供時代をモデルにしたキャラクターなんです。もちろん、あんなにひどくはなかったんですけど」と紹介。観客に求められ、三ツ矢が双一の決めゼリフ「ホラーな目に合わせてやる」を生披露する一幕もあった。一番好きなキャラクターを聞かれた伊藤は「日によって変わるんですけど」と前置きをしたうえで、「今日は三ツ矢版の双一。三ツ矢さんに活を入れてもらったので、また新しいシリーズが描けそうです」と新作への意欲を燃やした。

イベントでは同作のDVDが、上・中・下の全3巻で発売されることも発表に。中巻と下巻には、テレビで放送されない「富江」のエピソードが収録されることも明らかとなった。また終了後には伊藤のサイン会が行なわれ、集まったファンが長蛇の列を作った。

アニメ「伊藤潤二『コレクション』」は、2018年1月7日22時よりTOKYO MXにて放送開始。WOWOW「アニメプレミア」では、2018年1月5日22時30分より先行オンエアを行う。

テレビアニメ「伊藤潤二『コレクション』」

放送情報

TOKYO MX:2018年1月7日(日)より毎週日曜22:00~
WOWOW:2018年1月5日(金)より毎週金曜22:30~

スタッフ

原作:伊藤潤二『伊藤潤二傑作集』『魔の断片』(朝日新聞出版刊)
監督・キャラクターデザイン:田頭しのぶ
脚本:澤田薫
音響監督:郷田ほづみ
音楽:林ゆうき
アニメーション制作:スタジオディーン

キャスト

双一:三ツ矢雄二
押切:下野紘
夕子:名塚佳織
四つ辻の美少年:緑川光
淵:小山茉美
富江:末柄里恵
梶裕貴、木村良平、くじら、島崎信長、新宅マキ、高森奈津美、浪川大輔、朴ろ美、日笠陽子、平川大輔、細谷佳正、水橋かおり、吉野裕行

コミックナタリーをフォロー