コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「境界のRINNE」約8年間の連載に幕、単行本の最終巻は1月発売

1441

高橋留美子「境界のRINNE」が、本日12月13日発売の週刊少年サンデー2018年3・4合併号(小学館)にて最終回を迎えた。

2009年に同誌にて連載がスタートした「境界のRINNE」。幼い頃から幽霊が見える冷静沈着な女子・真宮桜と、成仏できない霊を輪廻の輪に導く貧乏な少年・六道りんねのドタバタを描き、NHK Eテレでは3シリーズにわたりテレビアニメが放送された。約8年間の物語の結末をその目で見届けよう。なお単行本の最終40巻は2018年1月18日に発売される。

コミックナタリーをフォロー