コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

西村ツチカ2冊同発、動物たちが来店する百貨店が舞台の新作と8作収めた短編集

484

西村ツチカによる単行本「北極百貨店のコンシェルジュさん」1巻と「西村ツチカ短編集 アイスバーン」の2冊が、本日11月30日に同時発売された。

ビッグコミック増刊号(小学館)にて連載中の「北極百貨店のコンシェルジュさん」は、あらゆる動物が来店する、謎の百貨店を舞台にした物語。新人コンシェルジュの秋乃は、父と娘それぞれへの贈り物を探すウミベミンク、美しい彼女へのプロボーズに怯むニホンオオカミなど、お客様である動物たちを精一杯もてなそうと懸命に努める。

一方の「西村ツチカ短編集 アイスバーン」には、卒業式に潜り込む男が主人公の物語「アイスバーン」や、少年たちの間で行われているとあるゲームを綴った「ゲームくん」、マンガを通して交流する2人を描く「友達が描いたマンガ」など、自主制作で発表した作品を含む8編を収録。なお「北極百貨店のコンシェルジュさん」には松本大洋と恩田陸、「西村ツチカ短編集 アイスバーン」には江口寿史石黒正数が、それぞれ単行本の帯にコメントを寄せている。

また2冊同時発売を記念し、小学館のアプリ・マンガワンとWebサイト・pixivコミックでは、西村による「さよーならみなさん」の試し読みキャンペーンを実施中。まだ読んだことがない人は、こちらもあわせてチェックしてみては。

コミックナタリーをフォロー