コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

こやまゆかり原作のW不倫劇「ホリデイラブ」TVドラマ化、主演は仲里依紗

612

こやまゆかり原作による草壁エリザ「ホリデイラブ~夫婦間恋愛~」のテレビドラマ化が決定した。仲里依紗主演で、2018年1月より放送開始。

マンガボックスにて連載中の「ホリデイラブ~夫婦間恋愛~」は、2組の夫婦が不倫をきっかけに夫婦関係を見直していく様子を描くラブストーリー。ネイルサロンを開いている30歳の主婦・森高杏寿は、夫の純平から女として愛されていないことに不満を抱きながらも、平凡な日々を過ごしていた。しかし、ある日純平の不倫が発覚して……。単行本は5巻まで刊行されている。

杏寿を演じる仲は「今回の原作を読んだときは『もしかしたら私自身にも起こりうる出来事かも……』って、グサッときました(笑)」とコメント。また「モヤッとしてしまうことがあったときは、ぜひ杏寿を見て『自分も頑張ろう』って思っていただけたら、うれしいです」と意気込みを語っている。

脚本は「ファースト・クラス」や「べっぴんさん」などで知られる渡辺千穂、演出は「エンドレスアフェア」シリーズなどを手がけた松田礼人が務める。ドラマは「金曜ナイトドラマ『ホリデイラブ』」として、テレビ朝日系列にて2018年1月より毎週金曜23時15分から放送される。

仲里依紗コメント

私自身は日ごろから、お仕事の合間も旦那さんにはマメに連絡し、隠し事のない夫婦関係を築くようにしてるんです。そうすることで安心感や信頼感が増えているという実感があるんですけど、さすがに今回の原作を読んだときは「もしかしたら私自身にも起こりうる出来事かも……」って、グサッときました(笑)。リアルに夫婦のことを考えられる立場にあるからこそ、今回は嘘のないお芝居ができそうです。テレビ朝日さんで主演を務めさせていただくのは今回が初めてで、喜びとともに緊張感やプレッシャーも感じていますが、旦那さんも応援してくれていますし、全力で取り組んでいきたいです。
今回演じる杏寿は自分をちゃんと持っている女性。心が揺らぐことも当然あるでしょうけど、それでも自分が信じる愛を貫く姿がとてもカッコいいし、思わず応援したくなる人です。自分を信じ、夫を信じて生活していれば、きっと神様は笑ってくれるはず!――そう信じて、元気に明るく演じていきたいです。目指すは“主婦の強い味方”。全国の主婦の皆さん! モヤッとしてしまうことがあったときは、ぜひ杏寿を見て「自分も頑張ろう」って思っていただけたら、嬉しいです。そして世の旦那さん! 気を付けてください。奥さんはちゃんと見てますよ(笑)。一番近くで支えてくれる人を悲しませないでくださいね。

飯田爽(テレビ朝日プロデューサー) コメント

SNSで人と人がいともたやすくつながってしまう現代。愛するパートナーがふとしたことで異性と出会い、ときめいたり浮気に発展することは簡単に起こりえます。また、そんな相手とのスキャンダルが簡単には終わらず、ただ事ならぬ執着を抱いてくる……そんなことも起こり得るかもしれません。これは現代のもっとも身近にあるホラーかもしれません。
「ホリデイラブ」はそんな誰にでも訪れうる日常の罠に落ちた夫婦を描きます。
ヒロインは先日東京ドラマアォードで助演女優賞を獲得し、今年「あなたのことはそれほど」「黒革の手帖」での卓越した表現力で世の中を魅了した仲里依紗さん。自身も妻であり母でありながら女性としての色気と艶が近年グッと増している彼女に、「あなたかもしれない」浮気される妻であるヒロイン・杏寿を演じていただきます。彼女が正妻の苦悩をどう表現するか、大注目です!
こやまゆかり先生の描く世界は、楽しみながら女性に勇気と力を与えてくれます。そんな原作の世界を、心理描写とストーリーテリングの名手・渡辺千穂氏が紡ぎ、1月金曜の夜にハラハラ感の花束を添えて、みなさんにお届けします。
「これは自分のこと?」と震えながら見ていただき、最後はそばにいる誰かを愛したくなる、そんなドラマをお届けします! ご期待ください!

「金曜ナイトドラマ『ホリデイラブ』」

テレビ朝日系列 2018年1月より毎週金曜23時15分放送

原作:「ホリデイラブ~夫婦間恋愛~」(原作:こやまゆかり、マンガ:草壁エリザ/DeNA「マンガボックス」連載)
脚本:渡辺千穂
ゼネラルプロデューサー:大川武宏(テレビ朝日)
プロデューサー:飯田爽(テレビ朝日)、木曽貴美子(MMJ)
演出:松田礼人(ドリマックス・テレビジョン)
制作:テレビ朝日、MMJ

出演者:仲里依紗 ほか

(c)DeNA Co.,Ltd.

コミックナタリーをフォロー