コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

ドラマ「刑事ゆがみ」稲森いずみら出演!浅野×神木コンビを取り巻く刑事に

788

テレビドラマ「刑事ゆがみ」キャスト

テレビドラマ「刑事ゆがみ」キャスト

井浦秀夫原作によるテレビドラマ「刑事ゆがみ」に、稲森いずみ仁科貴橋本淳が出演することが明らかになった。

稲森が演じるのは、うきよ警察署刑事課強行犯係の係長で警部補の菅能理香。男社会の中で力強く生き残り、浅野忠信演じる刑事・弓神とは同期だが今では上司と部下という関係の女刑事を務める。仁科はうきよ警察署刑事課強行犯係の中で最年長者であり、部下を暖かく見守るベテラン刑事の多々木挙男(たたきあげお)役を担当。橋本は多々木とともに、強行犯を支えるしっかり者の中堅刑事・町尾守(まちおまもる)役を務める。

刑事役初挑戦という稲森は「菅能理香は、男勝りで“べらんめえ口調”という今までに演じたことのないタイプの役です。言葉に重みが出るように気をつけながら演じているのですが、“べらんめえ口調”がちょっとくせになりそうです(笑)」とコメント。自身の役柄について、仁科は「ドラマの警察指導の方から、『見るからに万年巡査部長だ』と言われました。もう後がなく、年下からも追い上げられて、ただ出世は望まずに敢えてそこにいる人物だと思います」と、橋本は「クールで一歩引いた感じで強行犯係にいる、ハードな感じで神木隆之介さん演じる羽生刑事にからんでいくような関係性なのかなと考えています」と語った。

「刑事ゆがみ」は、適当でだらしない弓神適当(ゆがみゆきまさ)という刑事が、“真の正義”を追い求めていく物語。ドラマでは弓神適当役を浅野、弓神とバディを組む正義感の強い若手刑事・羽生虎夫(はにゅうとらお)役を神木隆之介が演じ、10月12日より毎週木曜22時に放送される。原作はビッグコミックオリジナル(小学館)にて連載中。

稲森いずみコメント

今回初めての刑事役にチャレンジさせていただきます。しかも菅能理香は、男勝りで“べらんめえ口調”という今までに演じたことのないタイプの役です。言葉に重みが出るように気をつけながら演じているのですが、“べらんめえ口調”がちょっとくせになりそうです(笑)。でも撮影現場は男性ばかりなので、みなさんに負けないように強い女を表現し、今までにない“新しい私”をお見せしていきたいです

仁科貴コメント

ドラマの警察指導の方から、『見るからに万年巡査部長だ』と言われました。もう後がなく、年下からも追い上げられて、ただ出世は望まずに敢えてそこにいる人物だと思います。浅野さんとは、随分長い時間をともにさせていただいているので、ある種“戦友”だと思っています。僕の方が年上ですが、浅野さんは、早くから俳優をやられていますし、常に最先端をいっている方なので、ずっと憧れていました。だから、また共演させていただけてうれしいです。僕はいかにも昭和的な俳優なので、みなさんの足を引っ張らないように、最後まで頑張りたいと思います

橋本淳コメント

僕が演じる町尾は、クールで一歩引いた感じで強行犯係にいる、ハードな感じで神木隆之介さん演じる羽生刑事にからんでいくような関係性なのかなと考えています。浅野さんや稲森さんなど
幼いころからずっと見てきた方たちなので、現場では、緊張もしますが、みなさんとても優しく、刺激的で、楽しい現場です。雰囲気作りに長けている方たちですから、その懐にうまく入らせていただきたいと思っています。『刑事ゆがみ』は、普通の刑事ドラマと思いきや、実はディープな人間ドラマになっていく作品だと思います。演じる側がどう楽しんで、良い作品にできるかにかかっていると思うので、考えたものだけじゃなくて、現場で感じたことを表現していきたいです。ぜひご期待ください!

木曜劇場「刑事ゆがみ」

2017年10月より毎週木曜22:00~22:54

スタッフ

原作:井浦秀夫「刑事ゆがみ」(小学館「ビッグコミックオリジナル」連載中)
脚本:倉光泰子、大北はるか、藤井清美
プロデュース:藤野良太、高田雄貴
演出:西谷弘、加藤裕将、宮木正悟
制作:フジテレビ

出演

浅野忠信神木隆之介仁科貴橋本淳稲森いずみ ほか

(c)フジテレビ

コミックナタリーをフォロー