コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

マキシマムザ亮君が広告業界に切り込む!コロコロアニキ新連載

220

マキシマム ザ ホルモンのメンバー・マキシマムザ亮君が原作を務める新連載「マキシマムザ亮君の必殺!!アウトサイダー広告代理人」が、本日9月15日発売のコロコロアニキ2017年秋号(小学館)にてスタートした。作画は藤異秀明が務めている。

「マキシマムザ亮君の必殺!!アウトサイダー広告代理人」は、「漫画の中でその筋のプロ達とは違う白帯的発想のアイデアをアウトサイダーに妄想展開してやろうじゃないか!というコンセプトとロマンをもっております」と語るマキシマムザ亮君が、その独自の発想で広告業界に切り込んでいく物語。第1話ではコロコロアニキの女性編集部員・柴田が、ホルモンの事務所であるミミカジルへ訪れる様子が描かれている。

また今号では、コロコロゆかりの作家陣が下積み時代の思い出の食事を語る、松山せいじの新連載「なみだめし」も開幕。第1回には「スーパーマリオくん」の沢田ユキオが登場した。さらに小野敏洋「バーコードファイター」が10カ月ぶりに再登場。そのほかマンガ版の描き下ろしイラストとアニメ版のビジュアルが両面にプリントされた「爆転シュートベイブレード」のクリアファイルや、ゲーム「パズル&ドラゴンズ」にて使える、「おぼっちゃまくん」の主人公・御坊茶魔が入手できるシリアルコードが封入された。

加えて大川ぶくぶ描き下ろしによる「ウィクロス」カード3枚や、「ケロロ軍曹」「けものフレンズ」の吉崎観音が描き下ろした「デュエル・マスターズ」凶戦士ブレイズ・クローのカードなど、付録も充実している。

マキシマムザ亮君コメント

コロコロアニキさんから「何か面白いことを一緒にやりましょう」と企画のお話しを頂いたのですが、まず僕のモットーに「"面白いことをやりましょう"という業界の大人達を信用するな」というのがあります(笑)しかし、僕は強い権力には圧倒的にひれ伏すタイプなので、天下のコロコロ様からのお話しに二つ返事でOKし、漫画の連載をやらせていただく事になったわけです(笑)。漫画の趣旨ですが、まず広告代理店という、色んなアイデアや企画を考える職業のプロ達がいますよね。僕は憧れのミュージシャンと同様にそういう業種の人達の事をリスペクトしています。と同時にやっつけたいとも思ってますが、現実的には相手にもされないと思うので、ならば僕は漫画の中でその筋のプロ達とは違う白帯的発想のアイデアをアウトサイダーに妄想展開してやろうじゃないか!というコンセプトとロマンをもっております。そう、だってロックと漫画は、少年の夢をいつでも誰でも自由に叶える事が出来る唯一の魔法であり、僕は38歳になった今もそれを信じて止まないからです。大人になってもコロコロアニキを買っているそこのあなた方達ならわかってくれるはず!

コミックナタリーをフォロー