コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「ママレード・ボーイ」吉住渉が遊役の吉沢亮に「顔面の実力見せつけて」

1069

左から吉沢亮、桜井日奈子。

左から吉沢亮、桜井日奈子。

吉住渉原作による実写映画「ママレード・ボーイ」の特別番組が、去る8月22日にLINE LIVEにて配信された。

小石川光希役を“岡山の奇跡”と称される桜井日奈子、松浦遊役を「銀魂」で沖田総悟役を務めた吉沢亮が演じる本作。過去に映画「ラストコップ THE MOVIE」に出演するも共演シーンはなかった2人は、配信前の打ち合わせもあえて別々に行い、番組内でほぼ初めての会話を交わすことに。吉沢が1人で番組をスタートさせ、22日に情報解禁となった映画化について報告した後、桜井が登場するも微妙に距離を空けて座る2人にスタジオからは笑いが起こった。

光希役を演じることが決まってから原作に触れたという桜井は、「光希がとにかく純粋。遊にちょっと優しくされるとすぐポッとなったり、からかわれると怒ったり。そういうのが愛らしいです」とキャラクターについて述べる。その後原作の好きなシーンを問われた桜井は、光希が銀太からキスを迫られた際、後ろから現れた遊が「ストップ」と制止するシーンを挙げ「遊が『うちの光希に』って言うんです。『うちの』!? はーっ!!」と大興奮。この様子を見た吉沢は「このカッコいい遊を演るのが僕です」と飄々と語った。

また番組内では吉住からの直筆メッセージ入り色紙を2人に贈呈する一幕も。スタッフから色紙を手渡された2人は、「聞いてなかった、すごい!」「うれしい!」と喜びながら、色紙に書かれた吉住からの「映画初主演とのことなので、光希が日奈子ちゃんにとって思い出深い大事な役になってくれたら」「遊は『超イケメン設定』なので、イケメンオーラを思う存分発揮して吉沢くんの顔面の実力を世の中に見せつけてほしいと思っています」というメッセージを読み上げた。

配信後の取材で吉沢は桜井の印象を「原作についてキラキラした目で話しているところがピュアで、いじりがいがありそうだなって思いました(笑)。光希そのまんまの人だなって」と説明する。吉沢について事前にWikipediaで調べてきたという桜井は、「吉沢さんも遊に似てると思いました。容姿も美しいですし、話している感じがとても頭がよさそう。完璧に遊だなって」と絶賛。廣木隆一が本作の監督を務めることについて、「オオカミ少女と黒王子」でも廣木監督と現場をともにしている吉沢は「またやりたいなとずっと思っていた監督なので、廣木さんとご一緒させていただけるのはうれしい。この作品を、監督がどんなふうに撮るのかすごく楽しみです」と撮影への期待を語る。桜井が「光希はすごくピュアな女の子。お芝居をするときにそれをあえて出そうとしたら、あざとくなりそうだなと思って」と不安を打ち明けると、吉沢は「廣木さんの作品では、あざとくやらなくてよさそう。自然な感じでやらせてもらえると思います」と過去の経験を元にアドバイスした。

「ママレード・ボーイ」は、両親がパートナーを交換して再婚することになり、ひとつ屋根の下で奇妙な共同生活を送ることになった光希と遊が織りなすラブストーリー。映画は2018年に公開される。

「ママレード・ボーイ」

2018年全国ロードショー

スタッフ

原作:吉住渉「ママレード・ボーイ」(集英社文庫コミック版)
監督:廣木隆一
脚本:浅野妙子
プロデューサー:小岩井宏悦、松橋真三、北島直明

キャスト

小石川光希:桜井日奈子
松浦遊:吉沢亮

コミックナタリーをフォロー