コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

セーラームーン“らしく”いきましょ!クラシックコンサートが閉幕、CD化決定

2096

「美少女戦士セーラームーン25周年記念 Classic Concert」より。

「美少女戦士セーラームーン25周年記念 Classic Concert」より。

「美少女戦士セーラームーン25周年記念 Classic Concert」が、8月2日・3日に東京・東京芸術劇場にて開催された。コミックナタリーでは、本日行われた夜公演の様子をレポートする。

本公演は武内直子「美少女戦士セーラームーン」を題材とした初のクラシックコンサート。開演時間になると、アニメでセーラームーン/月野うさぎ役を務める三石琴乃が「クラシックコンサートは乙女の憧れ」と観客に語りかけ、「セーラームーン」の世界へ導入する。オーケストラサウンドの幕開けは、「美少女戦士セーラームーン」の代表曲とも言える「ムーンライト伝説」。「愛の戦士」「HEART MOVING」「プリンセス・ムーン」が次々と、指揮者の吉田誠と東京フィルハーモニー交響楽団により大迫力で奏でられた。そして石田燿子がステージに登場。オーケストラの演奏に合わせ、「乙女のポリシー」「“らしく”いきましょ」を歌い上げると、観客は拍手で石田の歌声に応えた。

次にゲストとして現れたのは、ヴァイオリニストの寺下真理子と、ピアニストのSUGURU(TSUKEMEN)。それぞれセーラーネプチューンとセーラーウラヌスのテーマカラーである深緑と青の照明に照らされた2人は、ウラヌスとネプチューンが情熱的に掛け合う「eternal eternity」などを会場に響き渡らせる。第1部の終了時には、アニメ「美少女戦士セーラームーン」のCM前後で使用されたジングルが流れるなど、随所にセーラームーン愛が光った。

第1部と第2部の幕間には、ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」でセーラー5戦士を演じる野本ほたる竹内夢小林かれん長谷川里桃が登壇。9月より上演される新作公演「ミュージカル『美少女戦士セーラームーン』-Le Mouvement Final-(ル ムヴマン フィナール)」への意気込みを語った。

そして第2部へ。ここでも三石の声とともに、アニメ「美少女戦士セーラームーン」の敵が登場する際に流れるBGMや、セーラームーンの変身シーンの曲などが披露される。そして数々の名曲を生み出した小坂明子が登場し、ピアノで「Moon Revenge」「タキシード・ミラージュ」「ラ・ソウルジャー」を演奏。さらに「愛のStarshine」などがオーケストラアレンジで奏でられた。

クライマックスはアニメ「美少女戦士セーラームーンCrystal」の曲である「MOON PRIDE」「月虹」「ニュームーンに恋して」。アンコールでは出演者たちが壇上に勢揃いし、三石もサプライズでステージへ。三石は興奮した様子でオーケストラの素晴らしさを語り、客席に向かって「またやってほしいですよね? 皆さんいかがですか?」とコンサートの再演を希望。観客も拍手で肯定した。最後は出演者とオーケストラ、観客が一体となり、「美少女戦士セーラームーン セーラースターズ」のオープニング主題歌「セーラースターソング」を歌ってフィナーレ。「セーラームーン」史上初のクラシックコンサートは幕を閉じた。

なお本公演のCD化が決定。12月6日にCD2枚組でリリースされる。

「美少女戦士セーラームーン25周年記念 Classic Concert」セットリスト

アバンBGM~うさぎナレーション
01.ムーンライト伝説  
02.愛の戦士
03.HEART MOVING 
04.プリンセス・ムーン
05.私たちになりたくて
06.乙女のポリシー
07.”らしく”いきましょ
08.ウラヌス&ネプチューン メドレー
09.eternal eternity
アイキャッチBGM
10.ムーン・プリズム・パワー・メイクアップ!  
11.Moon Revenge
12.タキシード・ミラージュ
13.ラ・ソウルジャー
14.スリーライツ・メドレー とどかぬ想い -my friend's love- ~流れ星へ
15.愛のStarshine
16.MOON PRIDE
17.月虹
18.ニュームーンに恋して
EN.セーラースターソング

(c)Naoko Takeuchi 写真:堀衛

コミックナタリーをフォロー