コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

ギャラクシアとの最終決戦を再現!セーラームーンクラシックコンサート今年も大盛況

849

「美少女戦士セーラームーンClassic Concert 2018」の様子。(写真:堀衛)

「美少女戦士セーラームーンClassic Concert 2018」の様子。(写真:堀衛)

武内直子「美少女戦士セーラームーン」を題材としたクラシックコンサート「美少女戦士セーラームーンClassic Concert 2018」が、8月28、29日に東京・東京芸術劇場にて催された。コミックナタリーでは、8月28日の昼公演の模様をレポートする。

「美少女戦士セーラームーンClassic Concert」は、1990年代のテレビアニメ、劇場版アニメ、ミュージカル、テレビアニメ「Crystal」シリーズなど、これまで「美少女戦士セーラームーン」を彩ってきた音楽をオーケストラアレンジで披露するコンサート。昨年初めて開催され、今年は新たなプログラムで名曲の数々が披露されていく。ロビーにはファンクラブやバンダイの新商品のほか、なかよし(講談社)の連載当時の付録、武内直子の複製原画が展示され、「美少女戦士セーラームーンS」のオープニング・エンディング映像も上映。開演前から熱気に満ちていた。

コンサートの演奏は東京フィルハーモニー交響楽団が担当。90年代アニメシリーズではおなじみのアバンの音楽で第1部の幕が開くと、三石琴乃演じる主人公・月野うさぎの「ここでクラシックコンサートを鑑賞できるなんて夢みたい。でも浮かれて騒いじゃったら、月にかわって、おしおきよ!」というナレーションで、観客は一気に「セーラームーン」ワールドに誘われる。聞きなじみのある鐘の音が響き、「ムーンライト伝説」が奏でられるが、原曲を踏襲していた昨年とは異なりシンフォニックなアレンジに生まれ変わっており、驚きを呼んだ。

続く劇伴音楽メドレーのコーナーでは、「あたしだって普通の女の子」「夢見るおだんごアタマ」「夕暮れ時は妖魔の予感」など、有澤孝紀によるバラエティ豊かな劇伴をメドレーで披露。終盤にはうさぎの「ムーンプリズムパワー メイクアップ!」の声とともに変身シーンの曲も演奏された。そして昨年度の観客アンケートでも待望の声が多かった、キャラクターソングのコーナーも登場。公演ごとに1曲ずつ異なる曲が用意されており、うさぎがひと言キャラクター紹介をしてから楽曲が奏でられる。この日は水野亜美の「同じ涙を分け合って」が披露され、セーラームーンのキャラソン「I am セーラームーン」が続いた。

昨年は石田燿子が出演し、生歌とともに演奏された「乙女のポリシー」。今年は弦楽器を中心としたのびやかなハーモニーから始まる重厚感あるアレンジで観客を魅了する。そして「セーラームーン」の音楽を語るには欠かせない、小坂明子が銀河のような煌めくドレスをまとって登場。自身が作曲した「ラ・ソウルジャー」、そしてミュージカルの人気曲「伝説生誕」をピアノで奏でていく。「ムーンライト伝説 ピアノVer.~タキシード・ミラージュ」では、小坂の「ムーンライト伝説」の演奏に合わせて「朝、目覚めると、真っ白なレースのカーテンが風にそよいでいる」から始まる、アニメ「美少女戦士セーラームーン」最終回のナレーションが三石演じるうさぎの声で流れるドラマパートも。アニメ放送当時には代役として荒木香恵(現:荒木香衣)が該当話を演じており、貴重なひと幕に客席からは感動してすすり泣く声も聞こえた。

アイキャッチBGMを挟んで第2部へ突入すると、ヴァイオリニストの寺下真理子と、ピアニストのSUGURU(TSUKEMEN)が登場。「美少女戦士セーラームーンS」第21話「ウラヌス達の死?タリスマン出現」で流れる「トッカータとフーガ」が、重厚なパイプオルガンの音色とともに奏でられる。寺下とSUGURUはそれぞれセーラーネプチューンとセーラーウラヌスのテーマカラーである深緑と青の照明に照らされ、「ウラヌス&ネプチューン メドレー」と、掛け合いが印象的な「eternal eternity」を披露した。

セーラースターライツをフィーチャーした楽曲の華やかなムードから一転、壁に無数の手の模様が投影され不穏な空気が漂うと、セーラームーンと堀江美都子演じるセーラーギャラクシアの声によるドラマパートを織り交ぜた演出で、セーラームーンとの最終決戦のシーンが再現される。堀江はセーラーギャラクシアをイメージした金色の衣装をまとい「ゴールデンクイーン・ギャラクシア」を女王の風格で猛々しく歌い上げ、戦闘が終結したあとは白いワンピースに衣装チェンジ。「美少女戦士セーラームーン セーラースターズ」のオープニングテーマ「セーラースターソング」を優しい歌声でパフォーマンスした。

出演者の挨拶には三石も登場。アンコールでは堀江が「私よりこの曲は皆さん(観客)のほうが上手いはず!」と盛り上げ、時折マイクを客席に向けながら「ムーンライト伝説」を全員で合唱。今年もクラシックコンサートは大盛況で幕を下ろした。

なお本公演は、9月7日に大阪・フェスティバルホールでも行われる。CDとDVDが12月19日に同時発売されることも決定した。

「美少女戦士セーラームーン25周年記念 Classic Concert」2018年8月28日昼公演 セットリスト

01.アバンBGM
02.ムーンライト伝説  
03.セーラームーン劇伴(BGM)音楽メドレー
04.同じ涙を分け合って(回替わりキャラクターソングコーナー)
05.I am セーラームーン
06.乙女のポリシー
07.ラ・ソウルジャー
08.伝説生誕
09.ムーンライト伝説 ピアノVer.~タキシード・ミラージュ
10.ニュームーンに恋して
11.アイキャッチBGM
12.トッカータとフーガ(バッハ)
13.ウラヌス&ネプチューンメドレー
14.eternal eternity
15.セーラースターライツ出現
16.スリーライツ・メドレー とどかぬ想い -my friend's love- ~流れ星へ
17.Wandering Stars
18.シャドウギャラクティカ(Part1)
19.ゴールデンクイーン・ギャラクシア
20.シャドウギャラクティカ(Part2)~エターナルセーラームーン アクション音楽
21.セーラースターソング
EN.ムーンライト伝説

美少女戦士セーラームーン Classic Concert 2018

東京公演

日程:2018年8月28日(火)、29日(水)
時間:13:00開場、14:00開演 / 18:00開場、19:00開演
会場:東京芸術劇場

大阪公演

日程:2018年9月7日(金)
時間:18:00開場、19:00開演
会場:フェスティバルホール

出演

指揮:新田ユリ 
ゲスト:堀江美都子、小坂明子、寺下真理子、SUGURU(from TSUKEMEN
声の出演:三石琴乃、堀江美都子 

管弦楽
東京公演:東京フィルハーモニー交響楽団
大阪公演:関西フィルハーモニー管弦楽団

コミックナタリーをフォロー