伝説の男の現在は?能條純一が描く麻雀マンガ「哭きの竜」新作収めた単行本

7

69

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 40 25
  • 4 シェア

能條純一「哭きの竜」の新作を収録した単行本「哭きの竜~Genesis~」が、小学館より刊行された。

「哭きの竜~Genesis~」

「哭きの竜~Genesis~」

大きなサイズで見る

「哭きの竜」は強運を持つ男・竜を中心に、極道たちの人間ドラマを描いた麻雀マンガ。1985年から1990年まで別冊近代麻雀(竹書房)にて連載され、「あンた、背中が煤けてるぜ」などの名セリフを生み出した。「哭きの竜~Genesis~」ではフリーライターの男・水戸が、かつて“哭きの竜”と呼ばれた伝説の男を探す場面から物語が始まる。竜に出会った水戸は、麻雀の世界に足を踏み入れていき……。

同書にはビッグコミックオリジナルに掲載されたプロローグに加え、ビッグコミックオリジナルギャンブル増刊号と、ビッグコミックオリジナルのデジタル版(いずれも小学館)で展開された本編全11話を収録。300ページの大ボリュームで楽しめる。なお能條はビッグコミックオリジナルにて、新連載「昭和天皇物語」をスタートさせたばかりだ。

読者の反応

  • 7

麻雀ウォッチ @mjnewsnet

伝説の男の現在は?能條純一が描く麻雀マンガ「哭きの竜」新作収めた単行本 - コミックナタリー https://t.co/MUgDz2mtkl

コメントを読む(7件)

関連記事

能條純一のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 能條純一 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。