「マジンガーZ」兜甲児は森久保祥太郎、弓さやかは茅野愛衣!世界中で公開

594

永井豪原作による劇場アニメ「劇場版マジンガーZ(仮題)」のメインキャストが発表された。主役の兜甲児役を森久保祥太郎、ヒロインの弓さやか役を茅野愛衣が演じる。

「『劇場版マジンガーZ(仮題)』起動記念イベント」より、左から茅野愛衣、森久保祥太郎とマジンガーZ。

「『劇場版マジンガーZ(仮題)』起動記念イベント」より、左から茅野愛衣、森久保祥太郎とマジンガーZ。

大きなサイズで見る(全4件)

「劇場版マジンガーZ(仮題)」第1弾ビジュアル。

「劇場版マジンガーZ(仮題)」第1弾ビジュアル。[拡大]

本日3月26日には、東京ビッグサイトにて実施中の「AnimeJapan 2017」にて「『劇場版マジンガーZ(仮題)』起動記念イベント」が実施され、森久保と茅野が揃って登壇。森久保は「(自分と茅野がステージに立つので、キャストについては)うすうす感づいていた方もいるかと思いますけど(笑)」と語りながら、「日本のアニメの基礎となっているような作品で、それを蘇らせるんだという思いがスタッフの間にはある。旧作を受け継いでいきつつ、2017年らしい蘇ったマジンガーというものを作っていきたいということから、この作品は始まっています」とスタッフの思いを説明する。茅野も「(オーディションの段階でスタッフから話を聞き)丁寧に大切に作りたいんだなというのが伝わってきたので、弓さやかとして参加できてうれしいです」と続けた。

このほかイベントでは永井がビデオメッセージで、「今までマジンガーを支えてくれた様々な国のファンの皆様への感謝とともに、今回の映画化作品は世界の皆さんにもお届けしたいと思います」とコメントし、同作が世界中で公開されることも明らかに。監督は「ONE PIECE THE MOVIE エピソードオブチョッパー+ 冬に咲く、奇跡の桜」の志水淳児、脚本は「大東京トイボックス」「スティーブズ」で知られるうめの小沢高広が担当する。

さらに映画の特報映像も公開。映像にはマジンガーZの顔や足、拳、ブレストファイヤーを発射する胸部パーツやコックピットとなるパイルダーなどが収められている。

※「AnimeJapan」のイベントレポートなど関連記事はこちらから!

この記事の画像・動画(全4件)

永井豪コメント

私の愛するマジンガーZが復活します。誕生から45年、この私も漫画家をはじめて50年、この記念すべき年に再びマジンガーZを皆様にお届け出来る事を嬉しく思います。また、マジンガーZは世界の様々な地域で親しまれている作品です。今までマジンガーを支えてくれた様々な国のファンの皆様への感謝とともに、今回の映画化作品は世界の皆さんにもお届けしたいと思います。それでは世界の劇場にパイルダーオン!

劇場版マジンガーZ

キャスト

兜甲児役:森久保祥太郎
弓さやか役:茅野愛衣
ほか

スタッフ

原作:永井豪
監督:志水淳児
脚本:小沢高広(うめ
メカニックデザイン:柳瀬敬之
キャラクターデザイン:飯島弘也
美術:氏家誠(GREEN)
助監督:なかの★陽
制作:東映アニメーション
配給:東映

全文を表示

関連記事

永井豪のほかの記事

リンク

(c)永井豪/ダイナミック企画・MZ製作委員会

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 永井豪 / うめ / 森久保祥太郎 / 茅野愛衣 / 志水淳児 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。