「マジンガーZ」特報、永井豪が「違和感なくキャラとロボが一緒になった」と絶賛

625

永井豪原作によるアニメ映画「劇場版マジンガーZ(仮題)」の特報映像と新ビジュアルが公開された。

「劇場版マジンガーZ(仮題)」新ビジュアル。

「劇場版マジンガーZ(仮題)」新ビジュアル。

大きなサイズで見る(全6件)

特報は現在フランスにて開催されている、アヌシー国際アニメーション映画祭でお披露目されたもの。マジンガーZのパイロット・兜甲児と思しきキャラクターの後ろ姿や、ホバーパイルダーが飛び立つ様子、マジンガーと機械獣の戦闘シーンなどが収められている。アヌシー国際アニメーション映画祭では、永井が登壇しての同作のイベントも実施され、映像について永井は「技術が素晴らしいです。3Dと2Dが一緒になってうまく機能するのか心配でしたが、実際みてみるとなんの違和感もなくキャラとロボが一緒になっている。そこが一番感動しました。昔のファンの人たちもすごく喜んでみてもらえると思いました」とコメントを寄せた。

なおイベントには永井の大ファンであり「パシフィック・リム」の監督を担当したギレルモ・デル・トロも参加。イベント前に永井と初対面を果たしたギレルモ監督は「永井先生の作品は僕や僕の世代の人たちに大きな影響を与えている。僕の人生を変えたんだ。子供の頃、友達みんなとアニメを見ながら、永井先生の名前を見て、『この人は一体誰なんだ?!』と騒いでいたんだ」「永井先生は、マシーンアニメ界のモーツァルトだ」大興奮しながら語った。

「劇場版マジンガーZ(仮題)」では主人公の兜甲児役を森久保祥太郎、ヒロインの弓さやか役を茅野愛衣が担当。テレビシリーズの最終回から、世界観を引き継いだ10年後の世界を舞台に、再び人類の未来を託されることになったマジンガーZの激闘を描いていく。

この記事の画像・動画(全6件)

劇場版マジンガーZ

キャスト

兜甲児役:森久保祥太郎
弓さやか役:茅野愛衣
ほか

スタッフ

原作:永井豪
監督:志水淳児
脚本:小沢高広(うめ
メカニックデザイン:柳瀬敬之
キャラクターデザイン:飯島弘也
美術:氏家誠(GREEN)
助監督:なかの★陽
音楽:渡辺俊幸
オープニングテーマ:水木一郎
制作:東映アニメーション
配給:東映

全文を表示

関連記事

永井豪のほかの記事

リンク

(c)永井豪/ダイナミック企画・MZ製作委員会

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 永井豪 / うめ / 水木一郎 / 森久保祥太郎 / 茅野愛衣 / 志水淳児 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。