山田孝之を3Dで体感できる映画、前売特典は漫☆画太郎が描いた山田孝之

2280

イリュージョンのような言葉と映像によって山田孝之を3Dで体感できる「映画 山田孝之 3D」が、6月16日に公開される。本作のムビチケオンライン券特典のスマホ用壁紙として、漫☆画太郎が描いた山田の肖像画もお披露目された。

漫☆画太郎による、山田孝之の肖像画。

漫☆画太郎による、山田孝之の肖像画。

大きなサイズで見る(全4件)

2017年度のカンヌ国際映画祭に正式応募された本作は、テレビ東京ほかで放送されたドキュメンタリードラマ「山田孝之のカンヌ映画祭」をきっかけにして生まれた作品。ドラマと同じく松江哲明山下敦弘が監督を務め、芦田愛菜が友情出演する。

山田は「2016年、僕と山下さんは手を取り合い、衝突を重ね、決別し、再び手を取り合い一つの映画を完成させました。この映画には僕の今までの人生とこれからの全てが詰め込まれています」と胸を張る。このほか松江監督と山下監督のコメントも到着した。

山田孝之コメント

2016年、僕と山下さんは手を取り合い、衝突を重ね、決別し、再び手を取り合い一つの映画を完成させました。この映画には僕の今までの人生とこれからの全てが詰め込まれています。それを引き出せたのは山下さんとの関係無しでは成せないことでした。
そして、その全てを見届けてくれた芦田さん。
僕は芦田さんと出会ったことでたくさん失い、たくさん発見することができました。いつか芦田さんのような大人になるため、山田孝之は現実をぶち壊し続けて生きていきます。

松江哲明コメント

山下くんから「山田くんが自分を題材にした映画を撮りたいと言ってるんだけど」と相談され、カメラ目線でこれまでの人生を語る山田孝之を見た時、この映画は彼の脳内にダイブするようなドキュメンタリーにしなければならないと覚悟を決めました。山田くんが目からビームを発しながら訴えてくるからです、「もっと飛べ!」と。僕の勘違い、または洗脳されていただけかもしれませんが、3Dだからこそ効く体感映画が完成してしまったと自負しています。
あの目力に注意してご覧ください。

山下敦弘コメント

山田孝之くんとこの三年間いろいろなことがありました。
「真剣じゃないと芝居が出来ない」から始まり、しまいにはナパーム爆破してからの逃亡……。
山田くんとは二度と映画は作れないんじゃないかと諦めていましたが、この度、芦田愛菜さんのおかげで一本の映画を作ることが出来ました。これは人間、山田孝之と山下敦弘のけじめとしての映画です。
どうか皆さま劇場で見届けてください。
この映画を芦田愛菜さんに捧げます。

この記事の画像・動画(全4件)

漫☆画太郎のほかの記事

リンク

関連商品

(c)2017「映画 山田孝之」製作委員会

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 漫☆画太郎 / 山田孝之 / 松江哲明 / 山下敦弘 / 芦田愛菜 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。