コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

劇場版「はいからさんが通る」前編は11月!後編では原作の結末までを初アニメ化

1901

大和和紀原作によるアニメ映画「劇場版 はいからさんが通る 前編 ~紅緒、花の17歳~」の公開日が、11月11日に決定した。

後編のタイトルは「劇場版 はいからさんが通る 後編 ~花の東京大ロマン~」。前後編とも2017年に公開予定だったが、このたび後編は2018年に封切られることが明らかになった。後編では過去のテレビアニメシリーズで描かれなかった、原作マンガのラストエピソードまでがアニメ化される。

このほかメインスタッフの情報も解禁。前編の監督・脚本は既報の通り、古橋一浩が務める。後編の監督は「リストランテ・パラディーゾ」や「ヤング ブラック・ジャック」で知られる加瀬充子。キャラクターデザインは西位輝実、アニメーション制作は日本アニメーションが担当する。

※記事初出時より、後編のタイトルが変更になりました。

「劇場版 はいからさんが通る」

劇場版 はいからさんが通る 前編 ~紅緒、花の17歳~」2017年11月11日(土)公開
劇場版 はいからさんが通る 後編 ~花の東京大ロマン~」2018年公開

スタッフ

原作:大和和紀「はいからさんが通る」(講談社KCDX(デザート)所載)
監督(前編)・脚本:古橋一浩
監督(後編):加瀬充子
キャラクターデザイン:西位輝実
背景デザイン・美術監督:秋山健太郎
色彩設計:辻田邦夫
撮影:荻原猛夫(グラフィニカ)
音響監督:若林和弘
音楽:大島ミチル
アニメーション制作:日本アニメーション

キャスト

花村紅緒:早見沙織
伊集院忍:宮野真守

※辻田の辻は1点しんにょうが正式表記。

コミックナタリーをフォロー