コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

ボタンを押すと明日菜のスカートが…赤松健原画展、佐藤利奈&高倉有加もお祝い

632

オープニングセレモニーの様子。左から高倉有加、赤松健、佐藤利奈。

オープニングセレモニーの様子。左から高倉有加、赤松健、佐藤利奈。

「UQ HOLDER! ~魔法先生ネギま!2~ アニメ化記念 赤松健原画展」が、本日3月18日から26日まで、東京ソラマチにて開催されている。一般入場の前にオープニングセレモニーが行われ、赤松健と佐藤利奈が登壇した。

2005年に放映されたアニメ「魔法先生ネギま!」で主人公のネギ・スプリングフィールド役を務めた佐藤は、「お久しぶりです!」と赤松と旧交を温める。「赤松健原画展」の感想を問われた2人は異口同音に「演出が凝っていてすごい!」と、本展の見どころを披露。赤松の仕事場を生中継する「みんなで観覧!仕事場ライブビューング」について赤松は「私がリクエストしたんですが、締め切りと原画展の会期が重なっていて、結構まずい状況。あのライブカメラ、意外とシャレになってないかもしれない(笑)」と修羅場が映し出される可能性を予告した。生中継では音声は入らないものの、赤松の横顔や原稿の一部が見えるとのこと。

また赤松は「覗き窓から見ると、ちょっとエッチなシーンが見れたり。あとうちの原稿の特徴である、背景の上に人物や書き文字を貼るというやり方を横から見える仕掛けがあったり。すごく凝っていて驚きました」と原画展の演出を称える。佐藤が、ボタンを押すと風が吹き出し「魔法先生ネギま!」のヒロイン・明日菜のスカートがめくれる仕掛けについて「明日菜さんのけしからん(笑)」と水を向けると、赤松も笑いながら「あれ驚いた! 誰ですか、あれを考えたの!(笑)」とテンションアップ。そのほか「A・Iが止まらない!」の表紙やカラーではセル画を使っていたエピソードや、「ラブひな」執筆時からキャラクターにスクリーントーンで影をつけ始めたという裏話などを披露した。

そして、アニメ化が決定している赤松の最新作「UQ HOLDER! ~魔法先生ネギま!2~」の話題へ。会場で主人公の刀太役のキャストに高倉有加が抜擢されたことが発表され、高倉もセレモニーに現れる。「(刀太役に)決まりましたって言われたときは最初理解できなくて、1日経っても信じられなくて、都合のいい夢を見ているのかなって。3日くらい経ってやっと噛み締められた感じでした」と初々しくコメント。佐藤も「私もネギのとき初めての主役ですごく緊張でした。もし(アニメ『UQ HOLDER! 』に)出られたら現場で会いたい」とエールを贈った。また赤松より、「UQ HOLDER! ~魔法先生ネギま!2~」14巻のOAD付き限定版が9月8日に発売されることが告知された。

「UQ HOLDER! ~魔法先生ネギま!2~ アニメ化記念 赤松健原画展」は、「A・Iが止まらない!」「ラブひな」「魔法先生ネギま!」「UQ HOLDER! ~魔法先生ネギま!2~」の4作品を中心に構成。原画やイラスト、大きく引き伸ばしてプリントされた名シーンの数々が展示されている。赤松も言及したように「A・Iが止まらない!」エリア壁面にあるフロッピーディスクのイラストは覗き窓になっており、覗くとエッチなシーンがお目見え。また「ラブひな」エリアには、女湯ののれんをくぐると作中でおなじみの入浴シーンが集められたコーナーや、「魔法先生ネギま!」エリアには仮契約(パクティオー)シーン、バトルシーンに焦点を当てた一角も。ちょっとエッチなラブコメと熱いバトルを得意とする赤松の原画展らしい演出が楽しめる。

「UQ HOLDER! ~魔法先生ネギま!2~ アニメ化記念 赤松健原画展」

会期:2017年3月18日(土)~26日(日)
会場:東京ソラマチ 5F スペース634

コミックナタリーをフォロー