コミックナタリー - マンガ・アニメの最新ニュースを毎日配信

映画「ひるなかの流星」初主演・永野芽郁が涙を浮かべ「愛を込めて作った」

135

映画「ひるなかの流星」完成披露舞台挨拶の様子。左から山本舞香、三浦翔平、永野芽郁、白濱亜嵐、新城毅彦監督。

映画「ひるなかの流星」完成披露舞台挨拶の様子。左から山本舞香、三浦翔平、永野芽郁、白濱亜嵐、新城毅彦監督。

やまもり三香原作による実写映画「ひるなかの流星」の完成披露舞台挨拶が、本日3月2日に東京・イイノホールにて開催。会場には与謝野すずめ役の永野芽郁、獅子尾五月役の三浦翔平、馬村大輝役の白濱亜嵐GENERATIONS from EXILE TRIBE)、猫田ゆゆか役の山本舞香新城毅彦監督が登場した。

大歓声の中、永野は満席の会場を見回し「こうやって集まってもらえてうれしいです」と挨拶。続けて三浦が「封切りに向けて僕たちと一緒に皆さんでこの映画を盛り上げていきましょう」、白濱が「存分に楽しんでいってもらえれば」とそれぞれコメントすると客席はさらに盛り上がる。

また本作が映画初主演という永野。オファーを受けた当初について「座長が務まるか不安や葛藤があったんですが、今できることを自分なりにがんばろうという気持ちになった」と思いを吐露。同じくオファーを受けたときの心境を聞かれた白濱は、自身の年齢に触れ「制服イケるかな?って思いました」と屈託ない笑顔を見せる。教師役を務めた三浦は「今までは若い役での恋愛ものが多かった。でも今回は大人ならではの葛藤を抱えた役だったので、難しい面もありましたが、楽しんで撮影ができました」と振り返った。

イベントでは恋愛に関する2択トークで、登壇者たちが自身の恋愛観を明かす一幕も。「恋人にするなら束縛する人としない人どちらがいいか」を聞かれた白濱が「しない人」を選ぶと、三浦は「それは自分がマメに連絡するからでしょ? この人LINEの返信めっちゃ早いんです」と仲睦まじげに裏エピソードを語る。

最後に永野は、感極まり涙を浮かべながら「初めて主演をやらせていただいた映画が『ひるなかの流星』で、こんなに素敵なキャスト・スタッフに囲まれてできたことが本当に幸せでした。全力でがんばり、みんなが愛を込めて作った作品」と思いを語る。隣で話を聞いていた三浦と白濱は笑顔で拍手を送り、和やかにイベントは幕を閉じた。

「ひるなかの流星」は田舎育ちでマイペースな女子高生のすずめと、彼女が通う高校の教師・獅子尾、同級生の馬村の揺れ動く関係性を描いたラブストーリー。2011年から2014年にかけてマーガレット(集英社)にて連載され、単行本は全12巻が刊行されている。映画は3月24日にロードショー。監督を「四月は君の嘘」の新城毅彦、脚本を「失恋ショコラティエ」の安達奈緒子が担当する。

(c)2017 映画「ひるなかの流星」製作委員会 (c)やまもり三香/集英社

1話まるごと試し読みPR

コミックナタリーをフォロー