コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

免疫細胞を擬人化したモーションコミック、細谷佳正&高橋李依のサインも当たる

137

ひきの真二がマンガの原案を手がけたモーションコミック「マンガでわかる『プラズマ乳酸菌』のチカラ」が、KIRINが展開している「プラズマ乳酸菌 研究レポート」の公式サイトにて公開中。動画の配信を記念し、プレゼントキャンペーンが実施されている。

「マンガでわかる『プラズマ乳酸菌』のチカラ」は、これまでの乳酸菌とは異なる「免疫メカニズム」で、免疫の根本を強くする乳酸菌である「プラズマ乳酸菌」を紹介するモーションコミック。プラズマ乳酸菌やpDCなどの免疫細胞を擬人化し、わかりやすく解説されている。動画では秘書であるプラズマ乳酸菌役を高橋李依が、「感染対策本部」で隊長を務めるpDC役を細谷佳正が演じている。

キャンペーンでは、シフトワンのTwitterアカウントに投稿された該当のツイートをRTした人に抽選でプレゼントを進呈。細谷佳正、高橋李依、モーションコミックにて学園パートのイラストを手がけた和遥キナのサイン色紙が、各2名ずつにプレゼントされる。キャンペーン期間は2016年12月31日23時59分まで。気になる人はシフトワンのTwitterアカウント、キャンペーンの特設サイトにて確認しよう。

関連する特集記事

「プラズマ乳酸菌」高橋李依インタビュー&細谷佳正コメントPR

コミックナタリーをフォロー