茂木清香の新連載がITANで、山鬼の少年と鬼喰いの少女の伝奇ファンタジー

95

「pupa」「青の母」などで知られる茂木清香の新連載「鬼喰い少女と月梟」が、本日12月7日発売のITAN35号(講談社)にてスタートした。

「鬼喰い少女と月梟」のイラスト。

「鬼喰い少女と月梟」のイラスト。

大きなサイズで見る(全2件)

「鬼喰い少女と月梟」は和風の世界を舞台にした伝奇ファンタジー。常人ならぬ運動能力と猛毒が流れる身体を持つ山鬼の中でも、度を越す毒を持つ主人公のフクロウは、腹違いの兄以外の山鬼仲間から爪弾きにされていた。ある日、兄を傷つけてしまったフクロウは、万病に効く秘薬を持つという鬼喰いに出会う。

また今号には吉村あまぐのデビュー読み切り「魔女と怪物」が登場。同作はCOMITIA117にて開催されたITANとモーニング・ツー(講談社)の合同新人賞「即日新人賞その5」にてITAN大賞を受賞した作品。人と共存する魔女アンジェラが、村人から相談を受けたことから物語が展開していく。

この記事の画像(全2件)

茂木清香のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 茂木清香 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。