コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

藤子Aや石ノ森が“漫画の神様”手塚治虫の人間らしい一面も描いた短編集

454

単行本「漫画家が見た手塚治虫 ~マンガに描かれた漫画の神様~」が、本日11月11日に発売された。

この本は、手塚を描いたマンガ作品を集めたアンソロジー。藤子不二雄(A)の「愛…しりそめし頃に…」より、手塚の関係を振り返る「神の人の近くに」や、石ノ森章太郎が週刊ビッグコミックスピリッツ(小学館)に寄稿した「風のように…」のほか、古谷三敏永島慎二里中満智子みなもと太郎村野守美が手塚と実際に会って描いた作品と、手塚による自伝マンガ「がちゃぼい一代記」が収録されている。「漫画の神様」と呼ばれる手塚がちょっとしたことで怒ったり、編集者から逃げたりといった人間らしい一面が見られる。

またさいとう・たかを松本零士水野英子三浦みつる堀田あきお、辻真先、手塚眞、二階堂黎人、松谷孝征が「わたしが見た手塚治虫」と題したコメントや描き下ろしイラストを寄せている。

なお単行本の発売を記念し、東京・書泉グランデ、書泉ブックタワー、芳林堂書店高田馬場店では、本日から12月18日まで「ブラック・ジャック」の複製原画を展示している。

「漫画家が見た手塚治虫 ~マンガに描かれた漫画の神様~」収録作品

藤子不二雄(A)「神の人の近くに」
古谷三敏 「原稿破り事件の真相」
古谷三敏 「大脱走!!」
永島慎二「ぼくの手塚治虫先生」
みなもと太郎「限りなく長い1時間…半?」
村野守美「手塚治虫は猛犬たちを手なづける」
里中満智子「わたしがひとりじめした手塚先生との三時間余!!」
石ノ森章太郎「風のように…」
手塚治虫「がちゃぼい一代記」

コミックナタリーをフォロー