映画「GANTZ」3DCGアニメで描かれるのは大阪編!10月に公開

1360

奥浩哉「GANTZ」を原作としたフル3DCGアニメーション映画の正式タイトルが、「GANTZ:O」に決定。10月14日に公開される。

フル3DCGアニメーション映画「GANTZ:O」のビジュアル。

フル3DCGアニメーション映画「GANTZ:O」のビジュアル。

大きなサイズで見る(全2件)

合わせて映画で描かれるエピソードが原作の「大阪編」であることも発表された。「大阪編」は原作でも屈指の人気を集めるエピソード。加藤勝ら東京メンバーと、大阪でのミッション参加メンバーが入り乱れ、かつてないほどの力を持つ、ぬらりひょんの討伐に挑む。

「GANTZ」は死んだはずの人々が、謎の球体・ガンツによって再生させられ、迫り来る謎の敵と戦う姿を描いたSFアクション。2000年から2013年まで週刊ヤングジャンプ(集英社)にて連載され、2004年にテレビアニメ、2011年に二宮和也や松山ケンイチをはじめとするキャストで全2部作の実写映画が制作された。

現在原作の文庫版が、全18巻構成で毎月2巻ずつ刊行されているほか、ミラクルジャンプ(集英社)にて、奥原作、イイヅカケイタ作画によるスピンオフ「GANTZ:G」が連載されている。

この記事の画像(全2件)

関連記事

奥浩哉のほかの記事

リンク

関連商品

(c)奥浩哉/集英社

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 奥浩哉 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。