コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

映画「名探偵コナン」初日、蘭役・山崎和佳奈からの「大好きだよ」にコナン動揺

1859

(左から)古谷徹、小山力也、天海祐希、コナン、高山みなみ、山崎和佳奈、池田秀一。

(左から)古谷徹、小山力也、天海祐希、コナン、高山みなみ、山崎和佳奈、池田秀一。

青山剛昌原作による劇場版アニメ第20弾「名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)」の公開初日舞台挨拶が、本日4月16日に東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて行われた。江戸川コナン役の高山みなみ、毛利蘭役の山崎和佳奈、毛利小五郎役の小山力也、赤井秀一役の池田秀一、安室透役の古谷徹、謎の女性役の天海祐希が登壇した。

高山は映画を観た観客に「どうでしたか!?」と問いかけると、客席からは「最高!」の声とともに大きな拍手が送られる。うれしそうな表情を浮かべた高山は「皆さんの大きなコナン愛に支えられて、第20弾、本日初日です! とってもうれしいです!」と喜びをコメントした。

これまで19作品が展開されている劇場版「コナン」シリーズ。累計興行収入は558.2億円という記録を達成している。今作にて41.8億円以上の興行収入を叩き出せば600億円の大台に乗るとあり、キャスト陣は映画のPRをすることに。高山は「(映画の途中で)瞬きした人?」と質問すると、客席からは多くの手が挙がる。それを受けて「たぶん見逃してるところがいっぱいあるよ! 今日はもう興奮してるだろうから、1回帰ってゆっくりして、また明日観るんだなー!」と猛プッシュし笑いを誘う。古谷は「Twitter、Facebook、ブログ……なんでもいいんですけれども、とりあえず『純黒の悪夢』最高だったと。『安室透がセクシーだった』と書いていただけたら」とアピールした。

ゲスト声優として今作に参加している天海は「きっと皆さんが(周りの人に)『観てください』と言わなかったとしても、どんどん人が増えていく素敵な作品だと思っております……が! ぜひ! これからも『コナン』を楽しんでいただくためにも、皆さんの力が必要なんです!」と拳を握りしめながら熱弁。また「レイトショーとかいいですよ。『いいな』と思う人をお誘いになって、『コナン』観に行かない?って誘うのどうですか? 大人の女性が言うの素敵だと思いますよ!」と女性客に向けてオススメした。

さらに20年間活躍し続けてきたコナンに向けて、キャスト陣それぞれからメッセージが送られる。1人ひとりからメッセージが送られる中、コナンの着ぐるみに高山がアフレコをするという場面も見受けられた。池田は「……坊や」と渋い声でコナンに語りかけ、客席からは黄色い歓声が上がる。そして「これからも、がんばってくれたまえ」と続けたかと思うと、「それだけでーす」とかわいく締めくくり、客席から笑いがこぼれた。

山崎は「……コナンくん! まったく! いつも映画のたびに危ないことばっかりして!」と蘭の声で怒り出す。「……でもね、コナンくんは私たちの家族だから、毛利探偵事務所に来てくれてありがとね。大好きだよ、コナンくん」と伝える。突然の告白に動揺するコナンを前に、改めて「大好きだよ」と重ね、観客の胸をときめかせた。高山は「いつもお互いに無理してるよね」「うん、ちょっとね」と自身のメッセージとコナンの受け答えを1人2役で務める。「でもこれからも体に気をつけつつ、二人三脚でがんばっていこう」と語りかけ、コナンと握手を交わした。

また最後に20周年を祝したサッカーボール型のくす玉が登場。高山の「真実はいつもひとつ!」の掛け声にあわせ割られると、中から「20年ありがとう!」と書かれた垂れ幕が飛び出す。垂れ幕には会場のファンからのメッセージが書かれており、キャスト陣は「わーすごい!」「ありがとう!」とサプライズへの喜びを口にした。

「名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)」は本日4月16日より、全国東宝系にて上映中。物語は水族館に訪れたコナンたちが、オッドアイの持ち主である記憶喪失の女性と出会うところから始まる。

「名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)」

2016年4月16日(土)より全国東宝系にてロードショー

監督:静野孔文
脚本:櫻井武晴
音楽:大野克夫
出演:高山みなみ、山崎和佳奈、小山力也、山口勝平、天海祐希 ほか

(c)2016 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

1話まるごと試し読みPR

コミックナタリーをフォロー