コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

プリンセスで田中芳樹の歴史小説がコミカライズ、「放課後ペダル」第4弾も

363

田中芳樹の小説を原作とするコミカライズ作品「風よ、万里を翔けよ」が、本日4月6日発売の月刊プリンセス5月号(秋田書店)でスタートした。作画はもとむらえりが担当する。

「風よ、万里を翔けよ」の舞台は西暦611年の中国。男勝りの少女・花木蘭は、老いた父の代わりに男装して従軍することになった。隋末大乱の時代、彼女を待ち受ける運命とは。

また渡辺航「弱虫ペダル」のトリビュート企画「放課後ペダル4」も掲載された。第4弾の今回は阿部川キネコ「田所さん危機一髪!!~もしも巻ちゃんがものすごく言っちゃうタイプだった場合~」、コズミ「それゆけ総北補給班!」、小林モリヲ「箱根学園クッキング」、漣ライカ「ガマンやで小鞠くん!」、ミサト「総北推しの山際さん」、溝口涼子「ハモペダ!!」というラインナップとなっている。

なお細川智栄子あんど芙~みん原作によるミュージカル「王家の紋章」は、制作発表記者会見が5月16日に都内で行われることが決定した。月刊プリンセス5月号では読者を抽選で30名招待する企画を実施しており、応募には雑誌に付いている応募券が必要となる。そのほかの詳細は誌面にて確認してほしい。

コミックナタリーをフォロー