コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

宝塚版「るろうに剣心」東京で開幕!「悪・即・斬」に観柳のガトリングガンも

1545

左から早霧せいな、咲妃みゆ。

左から早霧せいな、咲妃みゆ。

和月伸宏「るろうに剣心 ―明治剣客浪漫譚―」を宝塚歌劇団雪組が舞台化したミュージカル「浪漫活劇 るろうに剣心」が、本日4月1日に東京・東京宝塚劇場にて開幕した。

「るろうに剣心 ―明治剣客浪漫譚―」は、1994年より週刊少年ジャンプ(集英社)にて連載。「浪漫活劇 るろうに剣心」では原作マンガの冒頭で描かれる東京編をベースに、オリジナルキャラクターの加納惣三郎を絡めたエピソードが展開される。緋村剣心を演じるのは、宝塚版「ルパン三世」でルパン三世役を演じたことも記憶に新しい、雪組トップスターの早霧せいな。原作でお馴染みの「おろ?」というフレーズもコミカルに挟みつつ、刀を持つと途端に別人のようになる剣心を好演している。

オリジナルキャラの加納惣三郎は元新撰組隊士で、明治維新後は対フランス貿易商を営んでいるという役どころ。剣心と薫の間に立ち、恋敵として2人の間を掻き回す。このほか斎藤一の牙突、相楽左之助の斬馬刀、赤べこでのシーンなど、原作でお馴染みの要素もしっかりと盛り込まれている。武田観柳が念願のガトリングガンを手にしたときに、その喜びを込めて歌い上げるナンバーにも注目したい。

通し舞台稽古後の囲み取材では、早霧が「原作を基本としながら、アニメとも映画ともひと味違う、宝塚ならではの華やかさが加わった、雪組らしい作品になっていると思います」とコメント。また役作りについて、「抜刀斎と、流浪人のときで、演じ方の違いにこだわっている。刀を持つと強いキャラクターなんですが、人斬りだった頃はよりクールに切れ味鋭く、流浪人になってからはマイルドな部分を強調して、強さと柔らかさの強弱を意識しております」と工夫を語った。

そんな早霧を、神谷薫役の咲妃みゆは「二面性を丁寧に演じられていると思う。陰と日向、両方をきちんと再現されていて、剣心そのものだなと思います」と絶賛。自身が演じる神谷薫については「下町育ちということで、ちゃきちゃきした、竹を割ったような性格を稽古場から意識して取り組んでいます。マンガの世界から飛び出して、人間が演じる薫としてどう息づくかが私の課題だなと思っておりますので、もっと追求していきたい。神谷活心流のナンバーは剣術への意気込みを表現できるので、特に大切にしたいと思っています」と意気込んでいた。

なお5月8日には千秋楽のライブビューイングが、 全国の映画館で実施されることが決定。抽選制のプレオーダー は本日から4月11日正午まで申し込みを受け付け、一般発売は4月24日にスタートする。また本作のBlu-ray、DVD、CDは、4月28日に同時リリースされる。

「浪漫活劇 るろうに剣心」

期間:2016年2月5日(金)~3月14日(月)
会場:宝塚大劇場

期間:2016年4月1日(金)~5月8日(日)
会場:東京都 東京宝塚劇場

脚本・演出:小池修一郎
原作:和月伸宏「るろうに剣心 ―明治剣客浪漫譚―」(集英社ジャンプ・コミックス刊)

キャスト

緋村剣心:早霧せいな
神谷薫:咲妃みゆ
加納惣三郎:望海風斗

相楽左之助:鳳翔大
高荷恵:大湖せしる
武田観柳:彩凪翔
斎藤一:彩風咲奈
四乃森蒼紫:月城かなと

コミックナタリーをフォロー