「放課後のカリスマ」のスエカネクミコが描く歴史ファンタジー、ヒバナにて開幕

351

「放課後のカリスマ」のスエカネクミコによる新連載「ベルサイユオブザデッド」が、本日1月7日発売のヒバナ2月号(小学館)にて開幕した。

ヒバナ2月号

ヒバナ2月号

大きなサイズで見る

「ベルサイユオブザデッド」は18世紀を舞台に描かれる歴史ファンタジーアクション。マリー=アントワネットは嫁入りのため祖国のオーストリアを捨て、双子のアルベールとともにフランスへと向かっていた。その道中、2人は突如“死人のようなモノ”に襲われ……。

また渡辺俊美原作、荒井ママレ作画による「461個の弁当は、親父と息子の男の約束。」は最終回を迎えた。

スエカネクミコのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 スエカネクミコ / 渡辺俊美 / 荒井ママレ の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。