「あしたのジョー」劇団め組により舞台化、来年5月に上演

101

高森朝雄原作、ちばてつや作画「あしたのジョー」を劇団め組が舞台化。2016年5月25日から29日までの期間、すみだパークスタジオ倉にて上演される。

舞台「あしたのジョー」ビジュアル

舞台「あしたのジョー」ビジュアル

大きなサイズで見る(全2件)

「あしたのジョー」は1968年から1973年まで週刊少年マガジン(講談社)にて連載。ボクシングにすべてをかける主人公・矢吹丈の生き様が描かれている。舞台版では矢吹丈役を新宮乙矢、力石徹役を藤原習作、丹下段平役を渡辺城太郎、白木葉子役を相沢まきがそれぞれ演じる。そのほかのキャストについては、追って発表されるとのこと。

この記事の画像(全2件)

舞台「あしたのジョー」

期間:2016年5月25日(水)~29日(日)

会場:すみだパークスタジオ倉

脚本:合馬百香
演出:与儀英一

キャスト

矢吹丈:新宮乙矢
力石徹:藤原習作
丹下段平:渡辺城太郎
白木葉子:相沢まき(ケイダッシュ ステージ)

全文を表示

ちばてつやのほかの記事

リンク

関連商品

(c)高森朝雄・ちばてつや/講談社

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 ちばてつや / 藤原習作 / 相沢まき の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。