コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「あしたのジョー」劇団め組により舞台化、来年5月に上演

107

高森朝雄原作、ちばてつや作画「あしたのジョー」を劇団め組が舞台化。2016年5月25日から29日までの期間、すみだパークスタジオ倉にて上演される。

「あしたのジョー」は1968年から1973年まで週刊少年マガジン(講談社)にて連載。ボクシングにすべてをかける主人公・矢吹丈の生き様が描かれている。舞台版では矢吹丈役を新宮乙矢、力石徹役を藤原習作、丹下段平役を渡辺城太郎、白木葉子役を相沢まきがそれぞれ演じる。そのほかのキャストについては、追って発表されるとのこと。

舞台「あしたのジョー」

期間:2016年5月25日(水)~29日(日)

会場:すみだパークスタジオ倉

脚本:合馬百香
演出:与儀英一

キャスト

矢吹丈:新宮乙矢
力石徹:藤原習作
丹下段平:渡辺城太郎
白木葉子:相沢まき(ケイダッシュ ステージ)

(c)高森朝雄・ちばてつや/講談社

コミックナタリーをフォロー