コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「血まみれスケバン~」股間からミサイル出す改造人間・爆谷さゆり役は佐藤聖羅

471

佐藤聖羅が演じる爆谷さゆり。(c)2016三家本礼・KADOKAWA刊/VAP

佐藤聖羅が演じる爆谷さゆり。(c)2016三家本礼・KADOKAWA刊/VAP

三家本礼原作による実写映画「血まみれスケバンチェーンソー」にて、爆谷さゆり役を元SKE48の佐藤聖羅が演じることが決定した。

爆谷は全身に武器が仕込まれた改造人間で、股間からミサイルを発射するシーンが印象的なキャラ。監督の山口ヒロキは「映像化するにあたり一番の難題でした。しかし、爆谷無しの映像化はあり得ない」と役の重要性を語った。

「血まみれスケバンチェーンソー」は改造されゾンビとして操られるクラスメイトたちを相手に、女学生・鋸村ギーコが自前のチェーンソーで戦うスプラッターアクション。公開は2016年初頭を予定している。

佐藤聖羅コメント

私にとって今回の映画が映画初出演だったので心配な面がたくさんありましたが、血まみれスケバンチェーンソー爆谷さゆり役として出演させて頂き、とても特殊な経験が出来ました!この映画に出てくるキャラクターはみんな特殊なんですけど、私の役がセクシーな役だと聞き、どんなセクシーかと思えば『股間からミサイル打つんだよ』と知った時、『セクシーなのに股間からミサイル打つの!?何て斬新な事をするんだ。』って思い、同時に私にしか出来ないっしょ!って思いました!そして撮影中はその斬新な役がスタッフさんに親しみを持ってもらえて、『爆ちゃん』『爆谷先生』って呼ばれていました! 是非みなさんにも爆谷に親しみを持って注目して頂けたら嬉しいです!

山口ヒロキ(監督)コメント

爆谷は原作の中でも圧倒的に人気のあるキャラ。さらに髪型も繰り出す技も個性的過ぎるので、映像化す るにあたり一番の難題でした。しかし、爆谷無しの映像化はあり得ない。佐藤さんが体当たりで挑んでくれなかったら映画化の実現も無かったかもしれません。

映画「血まみれスケバンチェーンソー」

監督:山口ヒロキ
脚本:福原充則
出演:内田理央、山地まり、佐藤聖羅ほか

コミックナタリーをフォロー