コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

映画「血まみれスケバンチェーンソー」宿敵ネロ役は山地まりに決定

354

「血まみれスケバンチェーンソー」にて山地まりが演じる碧井ネロ。(c)2016三家本礼・KADOKAWA刊/VAP

「血まみれスケバンチェーンソー」にて山地まりが演じる碧井ネロ。(c)2016三家本礼・KADOKAWA刊/VAP

三家本礼原作による実写映画「血まみれスケバンチェーンソー」にて、碧井ネロ役を山地まりが演じることが決定した。

ネロは、内田理央が演じる主人公・鋸村ギーコに深い恨みを持つマッドサイエンティストというキャラクター。山地はネロを演じるに当たり自ら髪を金髪に染め、役作りへの気合を見せている。スクール水着で授業を受ける場面写真も公開されており、どのような演技を見せるのか期待が高まるところだ。

「血まみれスケバンチェーンソー」は改造されゾンビとして操られるクラスメイトたちを相手に、女学生・ギーコが自前のチェーンソーで戦うスプラッターアクション。公開は2016年初頭を予定している。

山地まりコメント

今回碧井ネロのオファーを受けさせて頂いた時、正直なんてパンチの効いた奴なんだ! とビビってました。でも「ネロをやりたい」「血まみれスケバンチェーンソーの世界に飛び込みたい」って気持ちの方が遥かに強くて、意気込んでやらせていただきました。何よりネロという揺るぎ無い存在感と個性抜群のキャラに背中を押して貰えました。意外な展開が多く、爽快感満載な映画です!まさかの結末をぜひ観て欲しいです!!

山口ヒロキ(監督)コメント

特徴のある目を持つ原作のネロを表現できるか心配でしたが、初顔合わせの時に山地さんの強烈な目ヂカラを見て「ネロが来た」と思いました。

映画「血まみれスケバンチェーンソー」

監督:山口ヒロキ
脚本:福原充則
出演:内田理央、山地まりほか

コミックナタリーをフォロー