丸尾末広が読切「ディアボリク」でビーム帰還、三家本礼・田辺剛の連載は完結

263

丸尾末広の読み切り「ディアボリク」が、本日11月12日発売の月刊コミックビーム12月号(KADOKAWA)に掲載されている。

「ディアボリク」より。

「ディアボリク」より。

大きなサイズで見る(全42件)

昨年12月、「トミノの地獄」が最終回を迎えて以来の本誌登場となる丸尾。「ディアボリク」では戦後の日本を舞台に、“神はいるのか”というテーマを神父や子供たちの姿から描き出している。

そのほか今号では、三家本礼「血まみれスケバンチェーンソーreflesh」、田辺剛「クトゥルフの呼び声」の2作が完結。SNSで話題となっている大江しんいちろうの老夫婦ラブコメ「困った じいさん」も特別掲載された。二星まゆは宮沢賢治「よだかの星」をコミカライズした読み切りを発表している。

この記事の画像(全42件)

丸尾末広のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 丸尾末広 / 三家本礼 / 田邊剛 / 大江しんいちろう の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。