コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「To LOVEる」出張編がジャンプに、WEBで“もっとダークネス”な別verも

82

本日7月6日発売の週刊少年ジャンプ32号(集英社)には、長谷見沙貴脚本による矢吹健太朗「To LOVEる-とらぶる-ダークネス」の出張版が掲載されている。

「To LOVEる-とらぶる-ダークネス」が、週刊少年ジャンプに掲載されるのはこれが初めてのこと。同作のアニメ第2期「To LOVEる-とらぶる-ダークネス2nd」が同じく本日より放送されることを記念し、前シリーズ「To LOVEる-とらぶる-」の連載終了以来、約6年ぶりの週刊少年ジャンプ凱旋を果たした。

出張版ではララの発明によってボディスポンジに変身してしまったリトの、風呂場内での一幕が描かれた。また「“もっとダークネス”ver」と題した同読み切りの別バージョンが、本日24時より8時間限定で少年ジャンプ+に公開される。

なおテレビ東京系にて放送中の「特捜警察ジャンポリス」とのコラボとして、読者プレゼントページに今号より、オリエンタルラジオの中田敦彦と藤森慎吾、足立梨花、生駒里奈が1人ずつ4号連続で登場。今号の読者ページにはランドセルを背負った足立の写真が掲載された。

このほか岸本斉史「NARUTO-ナルト-外伝~七代目火影と緋色の花つ月~」が今号で完結。7月13日発売の週刊少年ジャンプ33号では、「新米婦警キルコさん」で知られる、平方昌宏の新連載「ベストブルー」がスタートする。

コミックナタリーをフォロー