コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

諫山創「エルヴィンの話ができてきた」劇場アニメ「進撃」舞台挨拶で

734

(左から)リヴァイ役の神谷浩史、エルヴィン役の小野大輔、諫山創、荒木哲郎監督。

(左から)リヴァイ役の神谷浩史、エルヴィン役の小野大輔、諫山創、荒木哲郎監督。

諫山創原作によるアニメ映画「劇場版『進撃の巨人』後編~自由の翼~」の舞台挨拶が本日7月4日に東京・新宿バルト9にて行われ、諫山、リヴァイ役の神谷浩史、エルヴィン役の小野大輔荒木哲郎監督が登壇した。

神谷が「『これは……どういう状況だ?』の後の世界へようこそ」と劇場版「進撃の巨人」前編のリヴァイのセリフを用いて挨拶すると、小野も「『君には何が見える? 敵は何だと思う?』この後、その真相が明らかになるのかな?」とエルヴィンの声色で応戦。リヴァイとエルヴィンを演じる2人のやりとりで会場を盛り上げた。

自宅で後編を鑑賞したという神谷は「俺くらいの人気声優になるとそれなりに大きいTV持ってますけど、それでもこのスクリーンには全く敵わない。ぜひ劇場のスクリーンで観てほしい」とおどけてみせ、笑いが止まらない小野に「お前ウケすぎだから!」と突っ込む一幕も。これを受け小野は「僕くらいの声優になると、家のTVは21インチくらい」と観客の笑いを誘った。続けて「声を入れている身としては、音響に興味がいくんですが、これが素晴らしい。そこに人が生きてるなって思える声が入っていて、自分が声を入れたときのことをいい意味で思い出せない」と仕上がりを絶賛。

諫山は「僕みたいな(アニメの)素人が見ても、作画量がすごい。マッドマックスな、狂気の絵コンテ」と映画の熱量に感心しきり。荒木監督は「後編はドラマ度が高くて、楽しくやれた。『進撃の巨人』は設定と話がいい。すごく豊かな心が入ったマンガだと思います。我々(アニメスタッフ)はそこに乗っかった感じです」と、惚れ込んでいるという原作を褒め称えた。

続いて登壇者同士による質問コーナーに突入し、神谷が「立体機動装置をアニメ上で動かすとき、キャラと背景のどちらを先に描かれているんですか?」と質問。監督は「キャラクターです。キャラの動きを一番気持ちいいアクションになるように仕上げてます」と答え、「アニメ化するとき、立体機動がキモだとはっきりわかった。でもアニメーターがよかったので、僕はアンカー打ってスイング、アンカー打ってスイングよ!って言ってただけ」と語る。諫山は「立体機動装置を思いついた理由は、覚えていません。僕はそれほど立体機動装置の魅力を信じきれてなかったんですが、監督は立体機動装置の魅力を知っていた。僕が教えられた感じです」と明かした。

次いで話題はエルヴィンへ。小野が「エルヴィンがわからない時期が長かった。自分が演じる役なんだけど、この人にとって何が幸せなんだろうって考え始めるとネガティブになってくる」と話すと、諫山は「作者(のエルヴィンについての理解)がふんわりしていると、それが伝わるんだな」と驚きの告白。そして「最近エルヴィンを描くにつれて固まってきて、がっつりエルヴィンの話っていうのが頭の中にできてきた。次に発売する号で、調査兵団の若かりし頃みたいなのがちょこっとあります」と語ると、会場は拍手に包まれた。

最後に神谷が荒木監督について「すごく強い意志で、『自分の中にある「進撃の巨人」はものすごい形で完成しているんです。それをそのまま作ればものすごいことになると思うので、皆さんよろしくお願いします』と頭を下げられていたのがすごく印象的でした」と話す。「劇中でもエルヴィンの望んでいることをみんなで全力で頑張ろうっていうところがありますけど、監督に対して同じように『ああ、俺たちはこの人のために頑張っていこう』と思えた瞬間があった。監督が作るフィルムの一部になれたことを幸せに思っています」と話し、舞台挨拶は幕を閉じた。

「『進撃の巨人』後編~自由の翼~」は目下全国の劇場にて公開中。エンディングでは、2016年に制作予定のTVシリーズ2期につながる新カットも披露されている。

コミックナタリーをフォロー