コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

川原礫の「絶対ナル孤独者≪アイソレータ≫」電撃大王でコミカライズ開始

62

川原礫原作・越水ナオキ作画「絶対ナル孤独者≪アイソレータ≫」と、柊ゆたか「新米姉妹のふたりごはん」の新連載2本が、本日6月27日に発売された月刊コミック電撃大王8月号(KADOKAWA)にてスタートした。

「絶対ナル孤独者≪アイソレータ≫」は地球外有機生命体が都市部に落下し、接触した人間が超常的な力を手に入れる異能バトル小説のコミカライズ版。マンガは主人公・空木ミノルが、忘れたい過去の記憶から逃げるためランニングをするシーンから始まる。

「新米姉妹のふたりごはん」は親の再婚により姉妹になった女子2人が、料理を通して打ち解けていく様を描いたグルメ作品。第1話では新婚早々に海外出張へと両親が行ってしまい、妹と2人で気まずさを味わう姉の心情が描かれている。

コミックナタリーをフォロー