「NARUTO」新作映画ビジュアル公開!「ダッセェな、火影」と嘯くボルト

3820

岸本斉史「NARUTO-ナルト-」を原作とした新作アニメ映画の正式タイトルが、「BORUTO-NARUTO THE MOVIE-」に決定。合わせて岸本描き下ろしのティザービジュアルが公開された。

岸本斉史描き下ろしによる「BORUTO-NARUTO THE MOVIE-」のティザービジュアル。(c)岸本斉史 スコット/集英社・テレビ東京・ぴえろ (c)劇場版BORUTO製作委員会 2015

岸本斉史描き下ろしによる「BORUTO-NARUTO THE MOVIE-」のティザービジュアル。(c)岸本斉史 スコット/集英社・テレビ東京・ぴえろ (c)劇場版BORUTO製作委員会 2015

大きなサイズで見る

原作の最終話にも登場したナルトの息子・ボルトを主人公にストーリーが展開される「BORUTO-NARUTO THE MOVIE-」。ティザービジュアルには、「ダッセェな、火影(クソオヤジ)。」とのコピーとともに、巨大なスパナを持ったボルトの姿が描かれている。また映画の製作総指揮を務める岸本は、「本当に僕が作りたかったNARUTO映画がここにあります。最後に一言…これ以上のものはもう僕には描けません…」とコメントを寄せている。

「BORUTO-NARUTO THE MOVIE-」は8月7日より全国東宝系にてロードショー。なお4月27日発売の週刊少年ジャンプ22・23合併号(集英社)から、「NARUTO-ナルト-」の新編「NARUTO-ナルト-外伝『七代目火影と緋色の花つ月』」が短期集中連載としてスタートする。

岸本斉史コメント

映画BORUTO、今回は全てが一から始まる、初めてのキャラクターばかりになります。
それはつまり、原作者である僕の頭の中でしか存在していないという事。
NARUTOの映画11本目にして初めて脚本を原作者の僕自身が全て書き、キャラクターデザイン案を出し、自分が納得できるまで練り込んだ上にさらに完璧を求めスタッフと練りこんでいきました。
連載が終わり、今まで漫画に費やしていた時間を全て映画に注ぎました。
本当に僕が作りたかったNARUTO映画がここにあります。
最後に一言…これ以上のものはもう僕には描けません…

関連記事

岸本斉史のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 岸本斉史 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。