コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

ゲームと小説とマンガ、電撃の合同イベントでばらスィーら15名がサイン会

68

KADOKAWAアスキー・メディアワークスが「『ゲームの電撃 感謝祭2015』&『電撃文庫 春の祭典2015』&『電撃コミック祭2015』」と題して、ゲーム・小説・マンガの複合イベントを3月15日に秋葉原で開催する。

「電撃コミック祭2015」ではイベント会場と、秋葉原各所の書店などで総勢15名のマンガ家がサイン会を敢行。登場する作家は梅津葉子、若林稔弥ばらスィー烏丸渡曽我部修司、柊暁生、赤坂アカソウマトウ柚木涼太、森夕、古賀亮一、天瀬晴之、片桐いくみ谷川ニコいみぎむるが予定されている。公式サイトでは、本日1月26日から2月16日の正午まで参加申し込みを受付中。応募条件などの詳細は特設ページにて確認を。

この合同イベントは2013年から始まったもの。ゲームと文庫の企画は例年も展開されていたが、電撃コミックの参戦は今年が初となる。会場ではサイン会のほか、ステージを使ったトークショーや物販、展示コーナーなども行われる予定だ。

コミックナタリーをフォロー