詠舞台「蟲師」は1公演に2つの物語を上演、「緑の座」など6エピソード

255

漆原友紀「蟲師」を光と映像と音楽で構成する「詠舞台(よみぶたい)『蟲師』」が、3月18日より東京の青山・スパイラルホールにて上演される。そのストーリーと追加キャストが決定した。

詠舞台「蟲師」メインビジュアル (c)漆原友紀/講談社・アニプレックス

詠舞台「蟲師」メインビジュアル (c)漆原友紀/講談社・アニプレックス

大きなサイズで見る(全17件)

詠舞台「蟲師」の公演日程。(c)漆原友紀/講談社・アニプレックス

詠舞台「蟲師」の公演日程。(c)漆原友紀/講談社・アニプレックス[拡大]

「詠舞台『蟲師』」では、1回の公演で「野末の宴」「緑の座」「雨がくる虹がたつ」「一夜橋」「花惑い」「鏡が淵」のうち、2つの物語を上演。既に発表されているギンコ役の中野裕斗、淡幽役の小林愛、「声」を担当する土井美加に加え、それぞれのストーリーに特別キャストが登場する。出演者はすべてアニメの声優陣。

「蟲師」をライブで再現することを目的に、270度にわたって視界を覆うビデオマッピングやインターネット中継でのAR活用など、テクノロジーを駆使して新しい舞台表現に挑む本作。舞台原案は、アニメの監督を務める長濱博史が「原作が全ての原点。原作が信じられないくらいおもしろいんだから、そのままでいい」という思いのもとに手がけた。チケットは明日1月17日よりチケットぴあにて発売される。

この記事の画像(全17件)

詠舞台「蟲師」

期間:2015年3月18日(水)~3月29日(日)
会場:スパイラルホール

出演(全公演)

中野裕斗(ギンコ役)、小林愛(淡幽役)、土井美加(声)

出演(各公演 ストーリー別)

「緑の座」:三瓶由布子(五百蔵しんら役)
「野末の宴」:上村祐翔(禄助役)
「雨がくる虹がたつ」:前田剛(虹郎役)、松山鷹志(虹郎の父役)
「花惑い」:宮本充(柾役)、石川由依(娘役)
「一夜橋」:加古臨王(ゼン役)、稲村優奈(ハナ役)
「鏡が淵」:白石晴香(真澄役)

全文を表示

関連する特集・インタビュー

関連記事

漆原友紀のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 漆原友紀 / 長濱博史 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。