コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

久正人のイラスト、ツイ・ハーク監督を触発

111

ツイ・ハーク監督による香港映画「ライズ・オブ・シードラゴン 謎の鉄の爪」の公開が、本日8月2日よりスタート。国内公開を記念したイベントが東京のシネマート六本木にて行われ、「ノブナガン」「エリア51」の久正人が登場した。

学生時代からハーク監督の大ファンであるという久は、パンフレットにも映画をイメージした描き下ろしイラストを寄稿。イラストについて「映画は主人公がまだ武器を持っていないときの話なので、イラストでも素手で戦う姿を描いています。戦っているように見せるため、構図に苦労しました」とこだわりを語る。

また中国のスタジオにて作業中のハーク監督も、テレビ電話を通じてイベントに出演。久のイラストについて「この絵から触発された部分もあり、そこから新しい“判事ディー”シリーズの映画が生まれるかもしれない」と話し、久が笑いながら恐縮する一幕も。監督はファンとの交流の後、「今後もよりおもしろい作品を作って、またぜひ日本に行きたい」と述べてイベントを締めくくった。

「ライズ・オブ・シードラゴン」は2010年にアンディ・ラウ主演で製作された、「王朝の陰謀 判事ディーと人体発火怪奇事件」の前日譚に当たる怪奇アクション。西暦665年の中国を舞台に、若き判事ディーが海の神・龍王(シードラゴン)の謎に挑む。映画は8月から9月にかけて、全国の劇場にて順次ロードショー。

コミックナタリーをフォロー