コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

ノブナガンの久正人、中国映画にイラスト提供

207

「ノブナガン」「エリア51」の久正人が、ツイ・ハーク監督による中国映画「ライズ・オブ・シードラゴン 謎の鉄の爪」の日本公開を記念し、イラストを描き下ろした。

久がハーク監督の大ファンであることから実現したこのコラボレーション。イラストには中国と思しき場所で飛び回る、異形の忍者が描かれている。久からは「ツイ・ハーク監督はいつもボクの見たい物を見せてくれる」と絶賛のコメントも寄せられた。

「ライズ・オブ・シードラゴン」は2010年にアンディ・ラウ主演で製作された、「王朝の陰謀 判事ディーと人体発火怪奇事件」の前日譚に当たる怪奇アクション。西暦665年の中国を舞台に、若き判事ディーが海の神・龍王(シードラゴン)の謎に挑む。映画は8月2日よりシネマート新宿、シネマート六本木ほかにて順次ロードショー。

久正人コメント

原理の分からない暗器を操る刺客! 我々の知らないルールが存在するかの如く工夫をこらした殺陣で戦う剣士達! 過剰に大きく異様に装飾された建築物! 強いジジイ! すごい美人! 本当の所はどうでもいい昔の中国はこうであってくれ!! 演出・アクション・ストーリー・設定すべてに盛りこみすぎる『工夫』でツイ・ハーク監督はいつもボクの見たい物を見せてくれる!!

コミックナタリーをフォロー