コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

宇河弘樹、盲目の三味線弾き描く新連載

99

本日7月16日に発売されたアワーズGH9月号(少年画報社)にて、宇河弘樹の新連載「猫瞽女-ネコゴゼ-」がスタートした。

「猫瞽女-ネコゴゼ-」はソ連の占領下に置かれた戦後日本を舞台に、盲目の三味線弾き・夜梅と、ブルジョア層を吊るし上げる「執行人」に身内を殺された鶯が織り成す冒険譚。今号には宇河が「猫瞽女-ネコゴゼ-」執筆の経緯などを語るインタビューも収められている。

そのほかアワーズGH9月号では内々けやき「女子轟生」が最終回を迎えた。単行本最終3巻は9月16日に発売される。

コミックナタリーをフォロー