コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

ゲッサン&ハルタ&きらら、徳島で11作家サイン会や展示

77

ゲッサン(小学館)、ハルタ(エンターブレイン)、まんがタイムきらら(芳文社)が、徳島県のエンターテイメントイベント「マチ★アソビ vol.11」に出展。連載作家11名によるサイン会や企画展示が、10月12日から14日にかけて、徳島のポッポ街商店街にて開催される。

サイン会には、ゲッサンより小川麻衣子中道裕大、ハルタより嵐田佐和子新居美智代樫木祐人長蔵ヒロコ白浜鴎久慈光久、まんがタイムきららより川井マコト、タチ、あらたまいの計11名が登場する。参加に必要な整理券は、商店街内の南海ブックスにて各作家の対象商品を購入した人を対象に配布中だ。予約は店頭、電話、メールにて受け付けているので、希望者は公式サイトの要項とスケジュールを確認して申し込もう。

さらにゲッサンのブースでは中道の「放課後さいころ倶楽部」に登場するアナログゲームをプレイできるスペースや、横山裕二「ツール・ド・本屋さん」の展示ルームを用意。またハルタのブースでは樫木の「ハクメイとミコチ」の展示「こびとさんをさがせ」が、きららのブースでは原画展や描き下ろし企画本「まんがタイムきらら★アソビ2013」の配布などがそれぞれ行われる予定だ。

コミックナタリーをフォロー