「10年前の今日、何をしていましたか? ~ 東日本大震災10年特集 コミックナタリー編」ビジュアル

10年前の今日、何をしていましたか? ~ 東日本大震災10年特集 コミックナタリー編

いがらしみきお、井上和彦、ひうらさとる、菱田正和、安野希世乃が語る、あの日の記憶

1487

2011年3月11日の東日本大震災の発生から、本日で10年を迎えた。

国内観測史上最大となったマグニチュード9.0の地震と、あらゆるものを飲み込んだ巨大な津波、そしてそれにより引き起こされた福島での原発事故──ちょうど10年前に発生したこれらの災害は、東日本の太平洋岸一帯に甚大な被害をもたらした。時間の経過とともに人々の関心は徐々に薄れつつあるが、被災地の復興は今もなお道半ばの状況だ。

震災の記憶をこれからも語り継ぐべく、このたびコミックナタリー、音楽ナタリー、お笑いナタリー、映画ナタリー、ステージナタリーは5媒体合同で「10年前の今日、何をしていましたか?」というテーマの横断企画を展開。各ジャンルで、さまざまな人々に地震発生前後の出来事やその後の生活を振り返ってもらう。

コミックナタリーではいがらしみきお井上和彦ひうらさとる菱田正和安野希世乃に寄稿を依頼。被災者として、東北の出身者として、あるいはチャリティ活動を精力的に行っている立場から、自らが体験した震災の記憶をつづってもらった。

構成 / 齋藤高廣

寄稿者一覧(※50音順)

コミックナタリー編

いがらしみきお / 井上和彦 / ひうらさとる / 菱田正和 / 安野希世乃

音楽ナタリー編

新井ひとみ(東京女子流) / 石田亜佑美(モーニング娘。'21) / 菅真良(ARABAKI PROJECT代表) / 橘花怜(いぎなり東北産) / 本田康祐(OWV)

お笑いナタリー編

赤プル / あばれる君 / アルコ&ピース平子 / ゴー☆ジャス / レイザーラモンRG

映画ナタリー編

小森はるか / 園子温 / 廣木隆一 / 宮世琉弥 / 山谷花純

ステージナタリー編

柴幸男 / 長塚圭史 / 萩原宏紀(いわき芸術文化交流館アリオス) / 長谷川洋子 / 横田龍儀

いがらしみきお

いがらしみきお

いがらしみきお

 2月13日にあった震度6の地震は、私に10年前の東日本大震災の記憶を呼び覚ますには十分な激しい揺れだった。宮城県が地震ばかりだと感じるようになったのは、1978年の宮城県沖地震以降だと思うが、その前はそれほど地震が多かった記憶はない。それにしても近年は震災や台風などの被害によって、日本が世界有数の災害国であることを改めて知らされたが、コロナ禍でもみんな浮足立つ気配はないし、私も相変わらず仙台市に住み続けている。

 10年前の3月11日、いつものように10時過ぎから仕事場に来て、アシスタント2名とともに漫画を描いていた。午後になってから起きた震度3ぐらいの揺れは、宮城県ではよくあるいつもの地震だとタカをくくっていたら、どんどん地鳴りを伴う激しい縦揺れになり、それは私の地震という概念を通り越して、なにか人為的に起こされた悪意の塊のようにさえ思え、場違いな怒りがこみ上げて来たほどだった。その間、私は机につかまりながら「あああっ」などと言葉にならない声で叫ぶしかなかったが、アシスタント2名は凍りついた表情のまま、ただただ無言だった。彼らが声を発したのは、何度目かの揺れが弱まり、仕事場のほとんどの物が落下し倒れた中を、なんとか動線を見つけながら通路に出たあとに言った「みんな外に出てますよ」という言葉だった。ビルの裏にある駐車場を見下ろすと、1階にある飲食店のおかみさんや店員さんが、我々に向かって「早く早く」と叫びながら激しく手招きしている。通路と階段がパッカリと離れてしまったすき間を飛び越えて下に降りて行くと、屋上の給水塔が、まるでゴムで出来ているようにグニャグニャと揺れながら水を撒き散らしていて、おかみさんはその給水塔が倒れると思ったのだそうだ。

2011年4月5日、宮城県・七ヶ浜町にて。「I【アイ】」のロケ取材で訪れた際に、同行したアシスタントが撮影した。

2011年4月5日、宮城県・七ヶ浜町にて。「I【アイ】」のロケ取材で訪れた際に、同行したアシスタントが撮影した。

 駐車場にいる間も揺れは続き、我々のいるビルやその駐車場の背後にあるビルからも、なにかがバラバラと剥がれ落ちて来る。危険なのでアシスタントのクルマの中に避難したが、揺れは弱まりはするものの一向に治まる気配がなく、余震が来るたびにクルマといっしょに我々の体も前後左右に揺れる。

 駐車場にいたのは、たぶん30分ぐらいのものだったと思うが、揺れが治まったのを見はからい、仕事場に戻って中を覗いてみると、すべての物が落下し、倒れ、積み上がった状態で、なにかしようにもそんな気さえ起きない。余震もいつまで続くのかわからなかったので、なんとかカバンだけ持ち出して、今日はそれぞれ家に帰ることにする。そのあとはアシスタントのクルマに同乗しつつ、渋滞に巻き込まれながら、いつもなら10分ほどの距離を40分ぐらいかけて帰ったが、車中、携帯を取り出してニュースを見ると、一直線の白い筋になった津波が、仙台湾に押し寄せて来る映像が繰り返し流れていた。

 果たして家はどうなったのか不安なまま帰ると、なにやら妻が路上で向かいの奥さんと立ち話しているのが見えて拍子抜けしてしまったが、「家はどうなった?」と聞くと、「メール読んでないの?」と言われたので、あわてて携帯を開くと、40分ぐらい前のメールが今頃届いていて、そこにはひらがなで「いえはかいめつ」とあった。驚きつつ家の前に立つと、ドアは開け放たれたままになっていて、そこから覗く玄関だけを見ても、確かに「家は壊滅」状態だった。そのあとは、押し寄せる余震のあまりの凄さと寒さに、近くの小学校の体育館に避難したが、毛布とストーブはあったものの、損壊した家にいるのと同じぐらい寒くて、行方不明のネコのことも気になったので、ひと晩だけで家に戻った。

2011年4月5日、宮城県・七ヶ浜町にて。「I【アイ】」のロケ取材で訪れた際に、同行したアシスタントが撮影した。

2011年4月5日、宮城県・七ヶ浜町にて。「I【アイ】」のロケ取材で訪れた際に、同行したアシスタントが撮影した。

 これが私の3.11当日のあらましだが、震災が私にもたらした影響と言えば、「I」(アイ)という漫画と「誰でもないところからの眺め」の2本を描いたぐらいのもので、ボランティアに出掛けたとか、被災者のための活動をしているとか、そういうこともなく、あくまで私の個人的な体験のままだ。ただ、あの瓦礫だらけの風景を脳裏に浮かべると、今でも、あの時我々は変われるはずだったのに変われなかった、という想いはある。しかし、どう変わるべきだったのか、誰も言えなかったし、私にもわからなかった。

 2年前、ある新聞の県内版の正月企画で、宮城県が独立国になったらどういう国にしたいかという初夢企画の提案があった。そこで私の考えた宮城国とは、農林水産で立国し、株と会社と銀行を廃止し、安楽死も認めるなどという無茶な案だったが、それはそれで今の資本主義社会と消費社会ではない世界を夢想したものだったろう。

 今は、コロナウィルスに翻弄される世界を見ながら、あの時と同じことを思っている自分がいる。我々は、変われるかどうか以前に、今とは別な世界が必ずあることを忘れてはいけないのではないか。

プロフィール

いがらしみきお

1955年1月13日生まれ、宮城県出身。マンガ家。1979年、漫画エロジェニカ(海潮社)に投稿した「'80 その状況」でデビュー。1986年より連載を開始した「ぼのぼの」で、1988年に第12回講談社漫画賞青年一般部門を受賞。2010年からは月刊IKKI(小学館)にて「I【アイ】」を連載し、手塚治虫文化賞に3年連続でノミネートされた。2015年には東日本大震災から3年後の宮城県を舞台にした「誰でもないところからの眺め」を刊行している。ほか著作多数。

ぼのねっと ぼのぼのといがらしみきおの総合情報サイト
いがらしみきおの記事まとめ

井上和彦

井上和彦

井上和彦

2011年3月11日。その日私は車に乗っていました。
14時46分、信号待ちをしている時、近くの店のガラスが音を立てて揺れ始めました。自分の車も後ろから誰かに押されているような感覚でした。
な、なんだ? 初めは訳がわからなかったのですが、10秒くらいして、あ、地震だ。と気が付きました。その揺れはどんどん大きくなりました。
あたりの家から人が飛び出してきました。後のニュースで知ったのですが、震度5強でした。
事務所の養成所の生徒たちがアトリエ公演の稽古をしていたので、稽古場に急ぎました。稽古場の生徒たちは、怯えて泣いている子もいました。
ニュースを見ると、東北地方で大きな地震、津波の映像が次々と映し出されていました。東京も交通機関が全てストップ。
生徒達を自宅に連れて行き、電車が動くまで待機することにしました。その間も余震で何度も揺れました。
やがて、翌日のイベントの中止の連絡が……。時間を追うごとに各地の被害の模様がテレビに映し出されました。福島の原発も……。

岩手県・陸前高田市にて。

岩手県・陸前高田市にて。

このままでいいのか、自分に何か出来ることはないのか……。翌日のイベントで一緒に出演するはずだった関智一さんに連絡を取りました。
日本が大変な事になったよ、何か出来ることはないかと仲間に声をかけ、関智一さんの事務所の会議室に集まりました。
何が出来るかわからないけど、とにかくその時はいても経ってもいられなかったのを覚えています。
相談をしている間も震度4くらいの地震が何度もきました。東北の方々のことを思うと胸が張り裂けそうでした。
そして、3日後の14日に「声援団」と言う名の声優を中心としたボランティアチームを立ち上げました。できる限りあちこちでチャリティライブをやりました。
石巻の石ノ森萬画館の前で皆さんに集まっていただいたり、「まるごみ」と言うボランティア団体の代表KOUSAKUさんに誘っていただき、陸前高田にも行きました。
集まれる人で出来ることをやっていこう、くれぐれも無理はしないで!その時来られる人が声援団!を合言葉にできることをやってきました。

あれから、10年……。沢山の絆をいただきました。

その間にも、各地でいろいろな災害が起こっています。そして、コロナも……。

少しでも皆さんに笑顔になっていただきたくて、これからも活動を続けていきます。

声援団によるチャリティイベントの様子。

声援団によるチャリティイベントの様子。

声援団

声援団

プロフィール

井上和彦(イノウエカズヒコ)

3月26日生まれ、神奈川県出身の声優。B-Box所属。主な出演作に「夏目友人帳」(ニャンコ先生/斑役)、「NARUTO-ナルト-」(はたけカカシ役)、「美味しんぼ」(山岡士郎役)、「機動戦士Zガンダム」(ジェリド・メサ役)、「サイボーグ009」(島村ジョー役)など。東日本大震災の発生を受けて2011年3月14日に声優を中心としたボランティアチーム・声援団を結成し、精力的にチャリティイベントを行っている。

井上和彦 | B-Box
井上和彦オフィシャルブログ「風まかせ」
井上和彦 (@inouekazuhiko) | Twitter
井上和彦 (@kazuhiko.i326) | Instagram写真と動画
井上和彦の記事まとめ

次のページ
ひうらさとる、菱田正和、安野希世乃が語る、あの日の記憶

関連記事

いがらしみきおのほかの記事

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 いがらしみきお / 井上和彦 / ひうらさとる / 菱田正和 / 安野希世乃 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。