U-zhaan

U-zhaan

ユザーン

Golden Harvest Recording

埼玉県川越市出身のタブラ奏者。世界的なタブラプレイヤーであるザキール・フセイン、オニンド・チャタルジーの両氏に師事する。2000年から2010年までASA-CHANG&巡礼に参加。2011年9月にrei harakamiとのコラボレーションアルバム「川越ランデヴーの世界」をリリースした。またインド滞在時のTwitter投稿をまとめた書籍「ムンバイなう。」「ムンバイなう。2」も話題に。2014年10月にはソロ名義で初のアルバム「Tabla Rock Mountain」を発表。2016年公開の映画「マンガをはみだした男 赤塚不二夫」では蓮沼執太と共に劇伴を手がけ、タモリが歌う主題曲を作曲した。同年4月に映画のサウンドトラックを発売。2017年2月には蓮沼との共作アルバム「2 Tone」をリリースした。2019年に行われた国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」では40日間毎日10時間のタブラ演奏の修業を続けるインスタレーション「Chilla: 40 Days Drumming」を実施。2021年4月にU-zhaan×環ROY×鎮座DOPENESS名義の1stアルバム「たのしみ」をリリースした。

リンク

関連する画像