音楽ナタリー

赤塚不二夫のトリビュート盤が豪華すぎるのだ

赤塚不二夫の大人気漫画「天才バカボン」の誕生41周年を記念したトリビュートアルバム「赤塚不二夫トリビュート~四十一才の春だから~」が9月24日にリリースされることが決定した。

この41周年という数字は、バカボンのパパの41歳という設定にあわせたもの。アルバムにはデブパレード、HALCALI with NONA REEVES、ミドリ、電気グルーヴ×スチャダラパー、EYE(BOREDOMS)、小西康陽、ECD、曽我部恵一BAND、矢野顕子といったバラエティ豊かなアーティストが参加し、「バカボン」をはじめとする赤塚作品へのトリビュートソングを提供している。

また、ブックレットには赤塚とゆかりの深いタモリのインタビューを収録。さらに帯原稿は細野晴臣が担当している。楽曲のみならず、CDをとりまくすべての要素が赤塚スピリットに満ちあふれた脅威のトリビュートが誕生だ。

参加アーティスト

デブパレード / HALCALI with NONA REEVES / ミドリ / 電気グルーヴ×スチャダラパー / RANKIN TAXI & Why Sheep? / EYE with KABAMIX / こだま和文×瀧見憲司 feat.Stoned Green Apples / 小西康陽 / 宮尾すすむと日本の社長 / ロリータ18号 / 筋肉少女帯(Remix:HAIR STYLISTICS)/ ECD / 曽我部恵一BAND / 矢野顕子 / こおろぎ'73、コロムビアゆりかご会(「元祖天才バカボンの春」オリジナル楽曲)

※記事初出時「すきすきソング」のアーティスト名を「HALCALI」と表記しておりましたが、「HALCALI with NONA REEVES」の誤りでした。こちらはHALCALIが歌、NONA REEVESと矢野博康がプロデュース・演奏を担当するコラボレーションユニットとなります。

音楽ナタリーをフォロー