音楽ナタリー

新体制acid android、変化を打ち出したツアーファイナル

570

acid androidのライブツアー「acid android live 2012」が、11月23日に東京・赤坂BLITZにてファイナルを迎えた。

公演ごとに編成を変え、常に新たなサウンドを構築しているacid android。8月16日に神奈川・川崎CLUB CITTA'で行われた主催イベント「acid android in an alcove vol.5」は、yasuoのドラムとyukihiroのボーカルのみのスタイルでライブを行ったが、今回のツアーは全公演で山口大吾(People In The Box)がドラムを担当。大阪と名古屋の2公演でKENT(Lillies and Remains)、東京公演で小林祐介(THE NOVEMBERS)がサポートギターを務め、フレッシュな編成でツアーが行われた。

満員のフロアでオーディエンスの興奮が渦巻く中、先陣を切って山口と小林の2人がステージへ。2人がスタンバイしたところで、yukihiroが姿を見せた。そして小林の爪弾くギターから「let's dance」でライブがスタート。名古屋と大阪でのライブで十分ウォームアップしていたyukihiroは、1曲目からしなやかな動きと鋭いボーカルでオーディエンスの興奮を高めていく。さらにオリエンタルなビートから始まった「daze」は、ボーカルに強いリバーブをかけることで幻惑的な雰囲気を醸し出し、新たなアレンジによるサウンドスケープを作り出した。

また強烈なセッションを支えたのが、バリエーションに富んだ照明演出。柔らかな色合いがyukihiroを照らした「unsaid」、シルエットだけを浮かび上がらせた「mode inversion」など、ステージ上に配置されたライトの数々が楽曲の世界をよりダイレクトに観客に伝えた。

休憩やMCを挟まないライブスタイルは従来のままだったが、リアレンジされたシーケンスの影響もあるのか、yukihiroの歌声は楽曲によって次々と変化。ときには無機質さ潜め、エモーショナルな一面を匂わせる。例えば「pause in end」でyukihiroはマイクを両手で包み込み、ヘビーなギターリフの上に絡み付くようなボーカルを重ね、繊細なピアノがイントロを彩る「purification」ではほんのりと感情をにじませた声で美しいメロディを歌い上げた。さらに「amniotic」は小林の弾くギターに、柔らかさをにじませた声を聴かせた。

従来とは異なる一面をアピールした中盤を経て、後半では「violator」「balancing doll」といったライブの定番曲を連発。小林の狂気をはらんだギターや乱反射するライトが観客を刺激した「balancing doll」、怒号のようなコールが巻き起こった「imagining noises」、山口の手数の多い硬質なリズムが光った「egotistic ideal」などが披露され、オーディエンスは熱狂的な空間を作り出していく。クライマックスに近付くとyukihiroはステージの前方まで移動し、観客とのコミュニケーションを楽しむような仕草をみせる。

1時間半におよんだライブのラストは「violent parade」。yukihiroが歌う中、小林はギターをかき鳴らし、山口はドラムを乱れ打つ。曲がクライマックスに差し掛かった頃、yukihiroはステージの中央で咆哮。最後にマイクを放り投げると、一瞬だけフロアに視線を送り、バンドメンバーとともにステージを去った。明るくなったフロアは瞬時に歓声で包まれ、「いつかまたacid androidとお会いしましょう」というアナウンスに大きな拍手が沸き起こっていた。

acid android「acid android live 2012」
2012年11月23日@東京都 赤坂BLITZセットリスト

01. let's dance
02. daze
03. gamble
04. clockwork dance
05. intertwine
06. unsaid
07. mode inversion
08. double dare
09. pause in end
10. purification
11. amniotic
12. swallowtail
13. violator
14. i.w.o.m.f.p.p just an android
15. balancing doll
16. imagining noises
17. egotistic ideal
18. violent parade

音楽ナタリーをフォロー