音楽ナタリー

槇原敬之、ウド鈴木と伊勢志摩へ旅行「とても素敵な旅でした」

312

電車で移動する槇原敬之とウド鈴木。(c)メ~テレ

電車で移動する槇原敬之とウド鈴木。(c)メ~テレ

槇原敬之が11月4日(土)放送のメ~テレ「ウドちゃんの旅してゴメン」のスペシャル版「旅してゴメン700回SP」に出演する。

「ウドちゃんの旅してゴメン」はウド鈴木キャイ~ン)をメインキャストに迎え、2003年10月に放送が開始された旅番組。今回は放送回数700回突破およびメ~テレ開局55周年を記念したものとなっている。槇原のゲスト出演は、番組のエンディングテーマに彼が作詞・作曲を手がける「世界に一つだけの花」が使用されていることがきっかけとなった。

三重・伊勢志摩を目的地に決めた槇原とウドは、まず近鉄名古屋駅まで移動。お互い今年度48歳を迎えることを知ると、電車内で学生時代の話に花を咲かせた。松阪市では鶏料理に舌鼓を打ち、旅館の露天風呂を楽しむ場面では槇原が「入浴シーン、テレビ初公開ですよ」と告白。ウドと一緒に1つの釜風呂に入るなど、親交を深める一幕もあった。

このほか槇原とウドはエスカルゴ牧場を訪問したり、伊勢シーパラダイスで「ゴマフアザラシのひざまくら体験」に挑戦したりと旅を堪能。今回の収録を経て槇原は「この人とだったらほんと一緒に旅に行けるな と思ったくらいとても素敵な旅でした」とウドとの共演を振り返った。

メ~テレ「メ~テレ開局55周年記念番組 旅してゴメン700回SP」

2017年11月4日(土)16:00~17:25
<出演者>
ウド鈴木キャイ~ン) / 槇原敬之

音楽ナタリーをフォロー